ロンドンで子供連れに最適な観光スポットの推薦

子供と旅行する際には、風景を楽しむだけでなく、親子で楽しみながら知識や学びを得られることを望む親御さんが多いと思います。ロンドンにもそんな親子向けのスポットがたくさんあります。ぜひこれらのスポットを計画に組み込んで、意義のある親子旅行を楽しんでください。

ロンドンのランハート劇場

子供を連れてロンドンに行き、ミュージカルを見るなら、ディズニーの同名のアニメ映画からのこの映画は最適です:1997年にブロードウェイのステージに登場し、史上最高のプロダクションコストと呼ばれ、多数の賞を獲得し、BBCによって「最も成功したミュージカル」と評価されました!

ハムレイズ・トイ・ストア

イギリス最大の玩具店で、5、6階建てと地下室があります。各階が異なるテーマで、世界中で最新かつ最も奇妙なおもちゃを手に入れることができます。子供たちにとってはまるで魔法の世界のようです!
ロンドンのウェストミンスター区、セント・ジェームズの南端に位置するセント・ジェームズ・パークは、ロンドンの王立公園の中でも最も歴史のあるものの一つで、面積は23ヘクタールです。公園は聖ジェームズ病院に因んで名付けられており、緑地とハイドパークに隣接しています。公園東側にはバッキンガム宮殿があり、西側にはダウニング街があり、北側には街路樹があり、南側にはウェストミンスター中央礼拝堂があります。 セント・ジェームズ・パークには、大きな湖であるセント・ジェームズ湖があり、西の島とアヒルの島があり、美しいブルーブリッジが湖面を跨いでいます。アヒルの島の南には、目を惹くテニット噴水があり、公園内の子供の遊び場には大きな砂場が含まれています。 公園の歴史は1532年にさかのぼり、当時ヘンリー8世がこの沼地を購入し、美しい王宮に改造しました。1603年にジェームズ1世が即位すると、彼は沼地を排水し、緑化し、ラクダ、ワニ、象、外来種の鳥など、多くの珍しい動物を導入しました。 18世紀初頭には、公園でまだ牛が草を食べていました。1827年、ジョージ4世は公園を改造し、建築家や庭園設計者のジョン・ナッシュの監督の下、直線の運河をより自然な湖に変え、道路を蛇行する小道に変え、よりロマンチックにしました。 セント・ジェームズ・パークの最寄りの地下鉄駅には、セント・ジェームズ・パーク駅、グリーン・パーク駅、ヴィクトリア駅、ウェストミンスター駅があります。セント・ジェームズ宮殿の鹿園として、セント・ジェームズ・パークは依然としてロンドン中心部で最も美しい公園の一つとして称えられています。

グリニッジ天文台

その天文台は現在、天体観測と航海用具の博物館であり、ジョン・ハリソンが受賞した航海時計「H4」や、20世紀中盤に製造されたソ連のフェドチェンコ・クロックなどが収蔵されています。天文台を訪れると、子供たちの興味を育むことができるかもしれません。
1856年設立の国家肖像画廊(National Portrait Gallery)は、ロンドン市中心に位置し、トラファルガー広場に隣接しています。この美術館には、英国の歴史、文化、社会に貢献した傑出な人物の肖像画が収蔵されています。この美術館は、世界的にも類まれなる貴重な芸術宝庫であり、英国の豊かな文化遺産を示す歴史博物館でもあります。
チェルシーは、2011-2012年のUEFAチャンピオンズリーグと2012-2013年のUEFAヨーロッパリーグで優勝したイングランドのサッカースーパーリーグのクラブです。クラブの本拠地はロンドンのフラム地区にあり、1877年に建てられ、チェルシーFCスタンフォードブリッジスタジアムと呼ばれています。このスタジアムには41841人の観客が収容でき、サッカーミュージアムやスタジアム自体を見学することができます。チェルシーFCは、イギリスのサッカー史上最も影響力のあるクラブの一つです。

ロンドン科学博物館

サウス・ケンジントンに位置する3つの主要な博物館の1つです。宇宙船モデルから、何年も前の家庭用電化製品の展示、そして3Dプリント製品の展示まで、色々展示しています。子供たちは楽しんで遊ぶことができると思います!