選りすぐり|武漢で絶対に体験すべきローカルの魅力

武漢には楽しいところがありますか?地元の人たちに連れて行かれ、最新の武漢都市体験ガイドをお届けします。

武漢駅総合ビル- 402バス

刺激を追求するために、必ずしも遊園地に行く必要はありません。武漢のバス運転手であり、元F1レーサーとしても有名なドライバーは、独自のドリフト技術で知られています。バスに乗っている人は、必ず武漢を思い出すことでしょう。散歩中に、主要な観光地に向かう402路の美しい公共交通機関に乗ってみることをお勧めします。どこでも降りてみると、思いがけない発見があるかもしれません。

漢口の旧租界

江漢路の近くには、江岸区の中山道と沿江道の間に、かつての「東方のシカゴ」で最も繁華な租界区があり、何百ものゴシック建築物が残されています。通りを歩くと、まるで100年前の繁栄の時代に戻ったかのように感じられます。
「心が古い、徳で普遍化する」という理念に基づき、この仏殿はミャンマーのアーナンダ寺をモデルに建てられ、濃厚な外国の建築様式を表しています。 世界に2つしかない仏教建築物の1つであり、重要な宗教、建築、文化的歴史的価値を持っている。かつては都市の高層ビルの間に隠されていましたが、多くの武漢市民にとっては知られざる場所です。

江の河川敷に咲くアシガヤの花。

長江は武漢への贈り物です。散歩し、風を感じ、夕日を眺め、武漢独特の優しさを感じてみてください。秋は爽やかで、何キロも続く葦が咲き誇り、風に揺れ、青空と海に映え、江岸は非常にロマンチックです。

まんそんえん

武漢人は1日に2食を食べなければならない。朝食は早食いで、夜食は夜に食べる。武漢人の最も好きな夜食の聖地である万松園では、1年間に焼かれた小龍蝦は武漢を3周するほどで、各種の焼き肉、煮込み料理なども至る所で見ることができます。

武漢時代広場

時代広場の最上階から、都市のスカイラインを見ることができます。両岸のネオンが川の水面に映り、目の前には家々の光が展開されています。この瞬間、あなたは誰とこの国を共有したいですか?