青島ビールマップ、必ず収集すること。

青島を訪れた観光客は、必ず純正で新鮮な青島ビールを一杯飲むことが、この旅行の必須条件です。では、青島で必ず訪れるべきビールの品評場所はどこでしょうか?この地図を見ればすぐ分かります。

登州路 (とうしゅうろ)

登州路は青島ビールの発祥地です。この1キロの短い道のりには、青島ビール工場だけでなく、中国で最初のビール博物館やさまざまなビールの彫刻もあります。そのため、登州路はビール街とも呼ばれています。登州路ビール街は一年中賑やかで、ビールとシーフードの大衆食堂やビアハウスが街中にあります。その中でも、"青啤之家"と"酒香源"はとても人気があります。

营口路 (yōkōro)

ビールを飲むのが好きな青島の人々は、必ず营口路に来ます。観光客が集まる登州路のビール街と比較して、营口路市場を中心に四方八方が街の放射線地帯で、地元の青島人が集まる飲み物の拠点です。营口路周辺には大小さまざまなビールがあり、1本9元です。野菜は一般的に冷やかしキュウリ、枝豆、ピーナッツなどの小さな冷菜と焼き肉です。また、宿泊客は近くの营口路市場でホウキガイ、エビ、カニ、海腸などを買い、5-20元の手数料を支払うだけで、店が処理を担当します。

四方の道路

中山通りと桟橋の近くに位置する四方路と黄島路は、老いも若きも青島市民に愛される地域です。このエリアにはクラフトビール屋が多数あり、一人平均消費は50〜80元です。黄島路市場に近いため、多くのクラフトビール屋が海鮮加工も提供しています。

恋人坝バーセント街道

私設ビール屋に比べ、海辺のバーは雰囲気や環境に重点を置き、ビールを開ける別の方法でもあります。青島のバーは比較的散在していて、人気のあるバーは繁華な商業地区や海岸に多くあります。たとえばオリンピックベース周辺の恋人壁バー街は夏の暑い時期に重要なバーの集まりです。また、閩江路、燕児島路、漳州二路、香港中路にも多くの老舗バーがあります。