老いた青島の美と余暇を味わう、青島の旧市街散歩ルートのおすすめ(上)

旧市街の美しさは、植民地時代から来ています。1891年、清国政府は青島に駐留し、市制施行。1897年、ドイツは青島を強制的に植民地にしました。それは辱めの歴史であり、今でも青島の山にはドイツ占領時代の砲台がたくさんあり、またここは第一次世界大戦のアジア唯一の戦場でもありました。青島の旧市街には様々なドイツ式建築があり、かつて青島は東洋のスイスとしても知られていました。青島の都市開発もまた、同じような道を進んでいます。現在の旧市街地域は、様々な高層建物でいっぱいで、景観は以前のものよりも劣っています。ただし、個人的には、青島の古い建物の保護はまあまあだと思います。それゆえ、旧市街を散策することは非常に楽しいことだと思います。欧州風の通りや建物と、ここで暮らす中国人の何世代にもわたる暮らしが混在しているのが魅力です。青島旧市街のユニークな魅力は、波打つ地形にあります。さまざまな赤い家々が密集しており、整然と並んでいます。山道を上がって行っても、ただの一軒家のドアには到達できます。重慶の山岳地帯でも同様の楽しみがありますし、青島の旧市街でも同じ楽しみがあります。

中山路

元青島国際クラブの旧址である中山路1号。建てられて以来、常に上流社会の社交場所でした。現在はドイツ料理店で、本格的なドイツ料理を提供しています。こうした場所で食事をすると、味よりも雰囲気が絶対に良いと思います。

サン・ミシェル大聖堂

カトリック教会の内部が改装され、再開されました。中にはアジア唯一のオルガンもあり、スタッフによると毎日午後に演奏があるそうですが、私が行ったときは演奏者が出張中で、美しいメロディーを聴くことができませんでした。

アンナ王女の別荘跡地

今年初に修復されたアナ王女の別荘について、古い建物に何か物語があるかはわかりませんが、それは新しい家ではありませんでした。教会を訪れて浙江路を下って湖北路に行けば、非常に一般的な道路です。間違えなければ、いくつかのシーフード屋があり、青島の豊富なシーフードの品種を見ることができます。

紙には境界がある。

もしもあなたが幸運で、湖北路にある「紙に境界がある」という店が営業しているところに出くわしたら、ぜひ中に入ってみてください。実際には、独立系書店というより、一般公開されたプライベート・ライブラリーに近いかもしれません。オーナーは紳士で、店内は文人気質があふれています。書城にすわって、艶やかさを添える紅袖を抱えて人生を楽しむ。夫は何を求めるのか。
嘉木美術博物館於13年底開放。所謂「不查皇歷,不辦禮節,不掛旗,不放鞭炮,不邀領導,不請專家,不辦採訪,不發請柬,不收花籃,不收門票」,彩青島館以彩青島為主題,內有各式各樣與之相關的畫作,我不懂畫,但卻能了解多少我所熟悉的城市。你可以換個角度來看這個美麗的城市。畫廊所在的小屋也是精巧無比。那裡也有咖啡廳。走路累了可以進去歇歇腳,員工們非常熱情友好,推薦!

広西路

嘉木画廊を出て、青島の古い街区の別の主要道路、すなわちヘンリー王子街-広西路にやって来ました。なぜか、私はこの道路上の最初のドイツ語の名前に非常に興味があります。100年間、ハリー王子街は大きく変化し、かつての建物も多くなりました。公爵ホテル、薬局、理髪店、ドイツ郵便局などの旧跡を通り、整理しました。