青島市の高品質な観光コース、国内外の観光名所を一覧で紹介します(下)

青岛は中国の観光名所です。海岸は863キロあり、49の湾と69の島があり、河川は蛇行し、岬と湾が連なっています。北温帯季節風地域に属し、海洋性気候で知られており、有名な観光、リゾート、レジャー、ビジネス会議の場所です。青島市は「赤い瓦と緑の木々、碧い海と青い空」の都市風景で知られており、八大関は「万国建築の定番」と、崂山は「海に浮かぶ名山」のトップです。

青島市内の魯迅公園は、海に臨んだ無料公園であり、同市の大きな見どころでもあります。公園は、細長い海岸線に沿って東西に延び、全長約2キロあり、美しい赤褐色の岩礁が点在し、視覚的な楽しみを与えてくれます。公園内には、赤い岩礁、青い水、青い松、幽閉路、亭など、多様な景色が交錯しており、美しい景色と自然美が織り交ざり、とても魅力的な景観地になっています。この公園を散歩すると、大自然の絵巻に身を置いたような気分になります。
青島海底世界は、青島市萊陽路2号に位置し、3つの主要な部分である間潮帯、海底トンネル、4階建ての地下展望台から構成されています。展示部分は全て地下に建てられています。間潮帯の長さは35メートル、海底トンネルの長さは86.2メートル、幅は2.5メートルで、トンネル内のアーチ型のガラスは、伝統的な180度角、254度の大角度、360度の柱状水、窓付きのガラスなど、さまざまな形式で組み合わせられています。

青島市の第一海水浴場

汇泉湾に位置する青島の第一海水浴場は、長さ580メートル、幅40メートル以上の砂浜があります。この場所は山に囲まれ、緑樹が茂り、現代の高層建築と伝統的な別荘が巧みに組み合わされており、景色は非常に美しいです。湾内の水は透き通り、砂浜は緩やかで、砂粒は細かくて柔らかく、天然条件が優れているため、海水浴に適しています。初めての海水浴場の開放時間は通常、毎年7月1日から9月25日までです。入浴時間中、浴場は更衣、シャワー、荷物預かり、救助、医療などのサービスを提供しています。開放時間内は入場料は無料ですが、更衣、シャワーは除きます。
南海道23番に位置し、第一海水浴場に隣接しており、「ハインリヒ王子ビーチホテル」の旧址です。このホテルは1903年にドイツの商人と銀行家によって建設され、その時点で東アジア地域で最高級のホテルであり、青島ホテル協会に先立つものでもありました。1912年、孫中山が青島に滞在した際には、海辺の旅館に宿泊したことがあり、現在は国家重点文物保護単位となっています。
・八大関は、元々長城の8つの関所にちなんで名付けられましたが、現在は10本の道路に増えました。ここには20以上の国からの建築様式が集まり、「万国建築博覧会」として称賛されています。 ・ここで最も有名なのは花石楼と公主楼で、独特の建築様式を持ち、入場料が必要であり、観光客にとっては絶対必見の場所です。 ・また、八大関は、四季の美しい景色を楽しむための最適な場所でもあります。春には韶関路に桃花が咲きます。夏には正陽関路に紫薇が咲き、見事な景色を見せてくれます。秋には居庸関路で五角楓の釣りができ、華麗で多彩な景色を見せてくれます。紫荊関路の両側には、常緑樹の雪松が並び、常に美しい景色を見せてくれます。
第二海水浴場は、別名太平角海水浴場とも呼ばれ、八大関別荘地のそばにある小さな砂浜ビーチで、面積は第一海水浴場よりも小さい。夏季は内部のみ開放され、封鎖的な管理が行われています。他の季節には、誰でも自由に出入りすることができます。砂浜は柔らかく、波もそこまで大きくなく、週末や祝日には多くの人々が日光浴を楽しんでいます。