プラハのデートスポット

プラハは、「ヨーロッパで最も美しい都市」の1つとして知られており、「黄金の街」として、常にロマンチックな印象を与えています。そのロマンティックな雰囲気は、有名な観光地の間にも現れる一方で、街路の奥深くに隠れた場所でも感じられます。

プラハ城はかつてチェコ王室の拠点であり、現在は大統領や国家機関の事務所として利用されています。同時に、旧市街の美しい景色を楽しむのにも最適な場所です。この城はボヘミア王国の王冠を保管しており、世界最大の古城の一つで、長さは570メートル、幅は約130メートルあります。城内で最も重要な3つの見所は、聖ヴィート大聖堂、ゴールデン・レーン、旧皇宮です。聖ヴィート大聖堂は、市内で最も古い建物であり、1000年以上の歴史を持っています。この壮大な灰黒色のゴシック建築の見どころには、20世紀のカラー・グラス、聖ヨハネの墓、聖ヴァーツラフ礼拝堂が含まれています。特に、大型のカラー・グラスは有名な画家であるムハによって作られました。ゴールデン・レーンは、色鮮やかでロマンチックな小さな家が並ぶ小さな美しい通りで、かつては使用人や職人たちの住居でした。多くの国王の錬金術師が集まったことから、この名前が付いたとされています。この通りは19世紀後半には貧民窟となっていましたが、20世紀中期に改装され、各種の記念品店や手工芸品店に改造されました。有名作家カフカの旧居もここにあります。毎日正午に、旧皇宮では印象的な交代式が行われ、多くの観光客を魅了しています。

新しい世界の小径

布拉グ城の近くにあるローレットの谷には、美しい景色が広がる「新天地」と呼ばれる小さな通りがあります。ここはブラグの人々にとって風光明媚な場所で、ロマンチックなエリアや美しい風景があり、バロックやルネサンス様式の小さな家々があります。

ストラーホフ

ストラホフ修道院の前に立って、プラハはまるで絵画のように展開します。これはこの街を新しい視点で楽しむための方法です。ストラホフ修道院からわずか数歩の距離には、プラハの最高地点であるペトシンヒルがあります。

コンパ島

小さな街のカンパ島はプラハでも最も魅力的な場所の一つであり、島の中央には広大な公園があり、チャールズ橋、スメタナ河岸、民族劇場、陸地とカンパ島を分かつ魔物の川、そして最古の小さな橋が見えます。

チャーリー橋

朝の霧と夜の灯火がチャーリー橋に無限の魅力を加えます。小さな町から橋を渡る場合、左側の8番目の彫刻を触ることを覚えてください。彼はチェコの聖人サン・ヤン·ネポムクで、彼を触ると幸運を手にすることができます。また、近くにある五つ星の鉄柵に手を置き、恋人と一緒に願い事をすることを忘れないでください。それが叶うかもしれませんよ!
高台は、プラハ市内にある歴史的な場所で、美しい公女と農夫の伝説が残っていると言われています。15世紀初頭に破壊された高台ですが、現在でもセントパウロ教会やセントマーティンガーデンの建物などが保存されています。最も有名なのは、高台墓地で、これはチェコで最も尊敬される一族の安息の場所です。高台は山の上に位置し、プラハ市全体を見下ろすことができ、午後には城壁の近くの屋外カフェでビールを飲みながら、フルタワ川の景色を見ることが特に楽しいと言われています。