カシュモ影視のロケ地である銀川を訪れました。

銀川市は宁夏回族自治区の首都で、東は黄河の九曲奔流に面し、西は雄大で荘厳な贺蘭山に囲まれ、美しい豊かな宁夏平原を抱える、世界的に有名な「塞上江南」であり、北西部の重要な中心都市です。

過去、ここは国境要塞でしたが、現在では中国西部と古代を題材とした映画・テレビ番組の最適撮影地となっています。この映画都市は、中国の多くの映画都市の中で、古風で原始的、荒涼で民間的な特徴を持ち、西北風情が非常に豊かです。有名な映画作品『西遊記』、『新龍門客棧』、『極地蒼狼』など60本以上の映画・テレビ番組がここで撮影されました。その他にも、衣装や小道具のレンタルサービスも提供されており、あなたも紫霞仙子や至尊宝になった気分を手軽に体験できます。
地元では南門は「小天安門」とも呼ばれており、基壇の正中に南北に向かったアーチ型の洞口がある。門洞の台北側には対称式の階段があり、観光客は階段を上ることによって城壁を眺めることができる。高台の中央には二階建ての歇山式屋根を持つ建物が建てられており、白壁に赤い柱と緑の瓦があり、北京の天安門城楼に似ている。

西夏の王陵

西夏王陵は、中華人民共和国寧夏回族自治区銀川市西夏区にあり、贺蘭山の東麓にある西夏帝王陵園遺跡の総称で、面積は約50平方キロメートルです。この陵園遺跡は、中国に現存する最大かつ地上の遺跡保存が最も完全な帝王陵園の一つで、"東洋のピラミッド"として称えられています。

サポトウ観光地域

ここは大砂漠、黄河、高山、緑洲が一体となって、極めて北西風景の壮大さを備え、江南風景の美しさも兼ね備えており、世界文化遺産の戦国期の秦長城などの歴史的遺跡もあります。

南関清真寺

南関清真寺は、中国北部の寧夏回族自治区の最大の清真寺の一つで、銀川の旧市街に位置しています。それは寧夏回族人民の心の中で非常に高い地位を持っています。

唐ライ路

唐用水は、唐の武則天時代に建設され、その後、各代の整備を経て、渠口は青銅峡の隣にあり、青銅峡、永寧、銀川、賀蘭などの県を北流して平羅県で終了し、全長322キロメートル、大小の水路は500以上あり、約9万ヘクタールの耕地の灌漑が可能である。最も広いところで30メートル以上、最も狭いところで5メートル、平均幅は24メートルで、銀川平原の14の大運河の最初のものである。