イタリアのミラノにあるファッションブティックの名所(古着店/バイヤーショップ)

"ファッション都市"は、様々なスタイルの古着店やバイヤー店を育成しています。古着店では、60年代や70年代のバッグや衣服を見つけることができ、希少品が古着ファンを狂わせることもあります。そして、有名なバイヤー店は、顧客層を確保するため、百貨店や専門店にもないデザインや色を取り入れます。これにより、ミラノでのショッピングは、精品を探す楽しみに変わります。これらのバイヤー店は、見逃さないようにしましょう!

ヴィンテージ・デリリウム

店主のFranco Jacassiは、アンティーク収集家で、このアンティークショップはミラノで非常に有名で、世界中からの貴重品を集めています。店舗は小さな庭園に隠れており、小さな店の入り口に入ると、隠されたパラダイスが現れます。そして、3階建ての建物になっています。店に入ると、Chanel、Gucci、Hermes、Diorなどのバッグやジュエリーが、一番目立つカウンターに陳列されています。

マダム・ポーリン・ヴィンテージ

Vintage DeliriumからMadame Pauline Vintageまで徒歩で行けます。この店は小さいですが、店内の装飾は比較的現代的で、洋服のスタイルは女性らしく、価格も適当です。ヴィンテージの Givenchyのバッグを約2000元で見ました。

カヴァッリ·エ·ナストリ

Cavalli e Nastriは最初は小さな店でしたが、ヴィンテージに対する熱狂がオーナーのセシリアを20年以上にわたって世界中で特色ある衣服を探し続けるように促し、今ではミラノに3つの支店を開設し、最も有名な国際バイヤーショップの一つになっています。Cavalli e Nastriの小さなガラスのドアを開けると、70年代のレトロで魅力的な空気が漂い、様々なヴィンテージの一点ものが眼前に広がります。これは古着好きを狂わせるに違いありません。

サブリナ・マニン・ヴィンテージ

この店は小さいですが、店のデコレーションがとても好きです。衣服やバッグ、ジュエリーのスタイルが精密で、良いものを見つけることができます。YSL、Prada、Gucciなどのブランドがある店主は非常に熱心で、私が気に入った服やバッグは全て試してくださいました。店舗は地元の生活地区にあります。
多くの年前に「スロープショッピング」の概念が誕生していました。カフェは花と草の中に隠れていて、ジャグンド感があるセレクトショップでは、ショッピング、読書、コーヒーを楽しむど、私の好きなファッションレジャーンホリデーのひとつです。以前、Time Magazine は、「10 コルソコモに行かなかったミラノ旅行は不完全です。」と書かれていました。このセレクトショップが最初に開かれたのは カフェ、書店のあるゲラリーでした。1年後、今日、ファッション業界の人たちに知られていない人はいません。この老舗セレクトショップには、プランドのプロデューストアにも難しいロエヴ、メゾンマルジェラ、セリーヌ、シャ゙ックマス、マヌ・アトリエのファッションアイテムが展示されています。
10 corso como は小資派で、Antonioli はそれとは対照的なダークな派閥です。このバイヤーショップは、1920年代初期に無声映画館だった場所にあります。店内はダークな色彩で満たされ、窓からの日差しが差し込むと、光の線が室内空間の神秘性を更に高めています。
Excelsior Milanoはミラノ大聖堂から約500メートル離れた場所にあるバイヤーの店で、この店はデパートの形式で表現されているようです。7階建てで、世界中の新しいブランドが選ばれ、各階のスタイルが異なり、各製品の露出にはシチュエーション要素が加わり、すべてのジュエリーや靴は「供されている」ように感じます。 そして、ショッピングに来るのは多くのファッションバイヤーたちです。

ビフィ

Biffiは、ミラノの歴史のあるブティックの一つで、主にイタリアの有名な高級ブランドを販売しています。店の内装はシンプルで洗練され、快適なショッピング環境を提供することを目指しています。現在、Biffiはミラノとイタリアの他の地域に多数の支店を設けており、イタリアのクラシックなブランドに留まらず、多くの有名なブランドや独自のスタイルや色合いも取り扱っています。Biffiは大々的な宣伝をしませんし、観光客が集まる場所でもありません。

アントニア

ミラノで最も芸術的な雰囲気のブレラ地区に位置するアントニアのブティックショップは、ここにぴったりとマッチしています。ショップの内部には、19世紀のカニョーラ宮殿の一部が保存されており、それを基に再開発されました。デザインはイタリアの有名な芸術家であるヴィンチェンツォ・デ・コティスから提供され、600平方メートルのアントニアは、大気感のあるインテリアを持ち、シンプルで十分にスタイリッシュなスタイルで男性用、女性用、アクセサリー、装飾品などを販売しています。Mansur Gavriel、Kenzo、Saint Laurent、Emporio Armani、Fendi、Portsなど、100以上のブランドを網羅しています。

ロッサーナ・オルランディ

このブティックは特別であり、そのオーナーであるRossana Orlandiは業界人から「ミラノのデザインの母」と尊敬されています。彼女はデザインのトレンドエキスパートであり、キュレーターでもあり、有名でお金持ちのセレブのような品味を持っていると伝えられています。彼女がデザインした作品は実験的であり、この名前のブティックはアートギャラリーや展示スペースでもあります。

フリーダ

このバーの名前は、メキシコの伝説的な自由主義女性画家フリーダから着想を得たもので、その名前からもかなりオシャレな雰囲気が伝わってきます。このヒップなボヘミアンスタイルのバーは、廃工場を改造したもので、一部は古着を販売するスペースになっています。