イタリアのヴェネツィアでおすすめの撮影スポット

ヴェネツィアは、イタリア北東部に位置し、水上に建てられた都市です。この都市は平均水深1.5メートルで、118の小島から成り、177の水路と401の橋で繋がっていて、交通手段は主に船であり、「水の都ヴェネツィア」と呼ばれています。ヴェネツィアの主要な観光スポットは、セントマークス広場とその周辺に集中しています。ヴェネツィアに来たら、セントマークス広場を中心に観光することをお勧めします。

サンマルコ広場に来ると、観光客は短時間でサンマルコ広場や周辺の観光スポットを観光することができます。例えば、時計塔、サンマルコ教会、橋などがあります。したがって、サンマルコ広場はヴェネツィアの必見スポットであり、サンマルコ広場に来なければ、ヴェネツィアに来たことにはなりません。実際、スケジュールが非常に詰まっている人たちは、ヴェネツィアの旅程にサンマルコ広場やその周辺さえ入れれば十分です。サンマルコ広場は非常に広く、観光客は雄大な時計塔や奥にあるサンマルコ教会を写真に収めるために十分な距離を持っています。

サン・マルコ時計台

サン・マルコ広場には、高い塔が見られます。この赤レンガで造られた時計台は92.8メートルで、隣のサン・マルコ大聖堂と高さが対照的です。塔自体の撮影だけでなく、屋上に登ってベネチアの景色を見渡すことをお勧めします。

聖マルコ聖堂大聖堂

サン・マルコ教会は9世紀に建てられ、エジプトから持ち帰られた聖マルコの遺体を祀るために建てられました。その後数回の火災に見舞われ、1073年に主要な構造物が再建され、17世紀に他の部分が完成しました。教会内での写真撮影は許可されていないため、写真家にとっては教会の上層が技術を発揮する場所です。教会の上部まで登ると、サン・マルコ広場を一望できます。ここはベル・タワーよりも高い位置にあり、広場の人々をより近くで観察することができます。反対側は海に向かっており、小さな広場には2本の花崗岩柱が建っています。西側の柱の上には聖テオドーロが立っており、彼はサン・マルコの遺体が戻る前のヴェネツィアの守護聖人でした。もう一方の柱には、ヴェネツィアを守るサン・マルコのライオンが立っています。カトリックの伝統に従い、ライオンはサン・マルコを代表する動物です。ライオン自体が「マルコによる福音書」の力と、イエス・キリストの尊厳と威厳を象徴し、翼は精神的な向上を表し、頭の光輪は神聖な意味を持ちます。
セント・マルク広場から海岸の方向に向かって歩き、左に曲がってすぐに人で溢れた橋があります。上に立つと、ゴンドラが行き交う方向を見ると、密封された石灰石の橋が目に入ります。それは、400年前に建てられた建物、Suspiria橋(Ponte dei Sospiri)です。 Suspiria橋は1602年に建てられ、イタリア人建築家Antoni Continoによるデザインで、バロック様式の橋で、両端は総督府(Palazzo Ducale)と刑務所につながっています。過去の囚人たちは総督府で尋問された後、この橋を通って死牢に連れて行かれました。それ以来、生死の境界にあるため、ため息をつくような長いため息をつくことがあり、Suspiria Bridgeという名前が付けられました。 Suspiria橋の物語は歴史となり、彼女の美しい外観はロマンチックな物語に相応しいと言えるかもしれません。市場では、カップルがゴンドラに乗り、Suspiria橋の下でキスをすると、永遠に一緒にいて、白髪を交えた老年になることができるという物語が伝わっています。
リアルト橋は、1181年に建設され、当時はコイン橋と呼ばれていました。コイン橋は、ヴェネツィアのグランドキャナルの両岸をつなぎ、東西の商取引を担当していました。ヴェネツィアのグランドキャナルの東西岸の交流が頻繁になるにつれ、東岸のリアルト市場が繁栄し、コイン橋はリアルト橋と名付けられました。リアルト橋は、ヴェネツィアの中心に位置し、グランドキャナルの上に横たわっており、美しいヴェネツィアの景色を楽しむことができます。目を閉じれば、かつてのヴェネツィアの情緒を感じることができるかもしれません。

コンドル岳

グランドキャナルとゴンドラ乗りは、ヴェネツィアで主要な撮影テーマの1つです。この時は長焦点レンズを持っているカメラが必要で、よりクリアな写真を撮影するために距離を縮めることができます。光源の方向に注意し、最適ならば逆光を選択することが望ましいです。

大運河

大運河は、別のヴェネツィアの主要な映画撮影地の1つで、運河の両側には色々な建築様式の家があり、色、形状、スタイルが異なり、様々な船が観光客を乗せて交通しています。橋の上に立って景色を撮ることができます。
ゴールデンパレスは、ヴェネツィア市で最も傑出なゴシック建築であり、かつては「黄金の宮殿」と呼ばれていました。現在は美術館になり、一般の人々にも開放されています。ここには、14世紀から18世紀にかけてのヴェネツィア派の美術品が収蔵されており、ヨーロッパの絵画芸術を集大成しています。