河南洛陽に来る際、見逃せない特色ある観光地幾つかは以下の通りです。

『神探狄仁杰』の中で、『神都』洛陽は中国の四大古都の一つで、夏商周漢隋唐の13の正統王朝が建てられました。龍門石窟と洛陽牡丹は世界的に有名で、4月はちょうど洛陽牡丹文化祭が開催されます。両親は花を育てるのが好きで、清明連休には一緒に洛陽に花を見に、観光に行きます。洛陽旅行は、龍門石窟を観賞、洛陽牡丹を鑑賞、そして白馬古寺を訪れることができます。

・これは中国の有名な四大石窟の一つであり、非常に古い歴史を持ち、数多くの朝代を経ており、500年以上にわたって存在しています。 ・北魏時代に多くの窟が彫刻されましたが、その中でも古陽洞、賓陽中洞、蓮花洞、石窟寺などは高い代表的な価値を持っています。 ・総数は97,000体以上の仏像があり、西山石窟を含む精華部分にはルーシェナ仏像や「龍門二十品」などが含まれます。 ・唐代の龍門石窟の中で、大ルーシェナ像龕群彫刻は、規模が大きく、壮大な様子が最も有名な重点窟の1つです。
・中国仏教史上初めて政府によって建設されたお寺として知られる白馬寺は、「中国で最も古い寺院」として有名である。 ・白馬寺の歴史的遺跡は現在も残っており、元・明・清代の建築物は南北軸線に沿って配置されている。 ・主殿である大雄宝殿と、天王殿、大仏殿、毘盧閣などの他の建築物と共に、寺院の主要な建築群を形成している。 ・寺内には、三世仏、二天将、十八羅漢など、歴史的な価値の高い元代の嵌細工漆像が多数収蔵されており、貴重な文化遺産としての意義を持っている。

レキンメン&老街

白馬寺から市内に戻り、夜の時間に洛陽の老街・リージン門の近くを散歩していました。リージン門は、古代洛陽の風景を再現した城門であり、洛陽の八景の一つに選ばれ、「リージン門に行かなければ、洛陽城に来たことにはならない」と言われています。

中国の国の花園

十三朝の古都として、「千年帝都、牡丹の花の都」と称される洛陽には、多種多様な牡丹の花があり、大規模で鮮やかな色合いで1000種以上の品種があります。花が咲くと、洛陽市内には人が押し寄せ、皆で牡丹を見に競う風景が広がります。

古墳博物館

古代の洛陽には「北山頭少閑土、尽くは洛陽人の旧墓」という言葉がある。洛陽北の邙山及び周辺地域には、歴代の古墓が星の数ほど存在し、それを基にして専門性の高い博物館である「洛陽古墓博物館」が誕生した。その広さ、独特のスタイル、収蔵年代、種類、数量は中国でも際立ったものであり、現在のところ、中国で最も大きな古墓博物館の1つであり、世界初の古墓博物館でもある。