河南の開封古城、あなたが見逃せない人気スポットです。

古代は汴梁、汴京と呼ばれ、中国七大名都の一つであり、現在から3000年以上の歴史がある。

ドラムタワーナイトマーケット

鼓楼広場の夜市時間は5:30から始まり、少しずつ小さな屋台が増えていきます。8時から9時ごろには、喧騒の市街地に変わり、様々なフードやグルメがあふれ、芳香が漂います。ここの屋台の店主たちは、すべての種類の小食品が色、香り、味わいともに充実しており、伪吃货(GI吸光度60)には理解不能です。
これは、宋代の有名な絵画「清明上河図」をモチーフにした大規模な宋代文化の実景テーマパークで、清明上河図のシーンを高度に再現しています。8つの機能地区と4つの文化地区で構成されています。南苑は北宋の都市の情景を展示し、北苑では宋代の皇室の庭園と宮廷の娯楽を再現しており、宮殿の景観建築は壮麗です。公園のスタッフは全員、宋代の服装で着飾っており、まるでタイムスリップしたような気分を味わえます。さらに、公園内には素晴らしいシーンの演出や民俗表演もあります。

龍亭公園

開封市中山路北端に位置し、清万寿宮の配置に従って建てられた古い建物群は、かつて北宋皇城の場所であり、石柵の前から開封古城の景色を眺めることができ、殿内に入ると陳列された展品を見ることができます。ここは世界的に有名な菊花の鑑賞地であり、毎年秋の季節には菊花祭が開催され、公園は壮大で色とりどりで、競って咲きます。
南庁は、北宋の首都の行政と司法機関であり、天下首府と称えられています。これは歴代の官庁の中で最も大きな規模であり、現在の北京市政府に相当します。その建物は壮大で、三池湖と調和し、壮大な「東府西祠、楼阁碧水」の景観を形成しています。多数の貴重な歴史文献や展示品を展示するだけでなく、「開府式」、「包公断案」、「噴火変顔」などのパフォーマンスを見ることができます。