古い開封では何を食べるの?これだけ読めば十分です(朝食編)

開封に行く前に、同僚が開封は洛陽に比べて美味しいものがないと言ったが、開封に行った後、私はその同僚の肩を叩いて、「友よ、あなたの店を開く方法に問題があるに違いない」と言いたい。

汴梁豪徳ロウ肉新しいスープの館

住所:万善街6号楼102-105(万善街西司桥口)。店内非常整洁,前台点了菜,但没有菜单,小妹妹说,她们家只卖驴肉汤和饼丝。驴肉汤是十五、二十元。价格与汤的份量无关,而和肉的数量有关。点菜之后,拿着小票到点心口和点心口取餐。饼丝可以自己烫,也可以让师傅下锅烫。

逍遥老王のホットソース風味スープ

地元の並ぶ店で、店舗は一時的に建てられた小さな店のようで、壁に並べられたテーブルと椅子に置かれており、非常に圧迫感がありますが、常連客はこの味を知っていますので、環境を気にしません。スープや肉まんを持って、立っているだけでも出来ます。広告には胡椒餅、ジャンバオや卵餅が書かれています。

赵家の名物、四烩菜。

四烩料理は羊肉のスープをベースに、煮込んだ牛肉、焼きだんご、煮豆腐、そして黄花菜などの4種類の料理が入っているため、四烩料理と呼ばれます。15元と20元があります。

焼記羊肉のスープ

また東大寺回民大街には、行き交う人々があり、顧客が絶えない羊肉スープショップがあり、羊肉スープ、四汁などがあります。

大梁包子館

鼓楼のそばに並んでいる人がたくさんいます。近づいて見ると、包子を並んでいる人が多いことが分かります。前の方には主に古い客が並んでいます。おじいちゃん・おばあちゃんが来て、20個以上、大きな袋に入れて買います。だから、包子が出来るとすぐに売り切れてしまいます。10分以上待たなければなりません。豚肉餡が1.5元、野菜餡が1元です。たくさんの餡の種類があり、人参、豆腐の粕、キムチなどがあります。中でも豚肉餡が最も有名です。豚肉の皮は厚くなく、食感があり、豚肉の風味に基づいて作られた南部のソースと混ぜ合わされた豚肉餡は異なります。味は良いですが、列が長すぎる場合は、少し価値が下がるかもしれません。