国内で人気のない自動車旅行スポットが個人的にお勧めされました。

自動車旅行に行きたいけれど何を選ぶべきかわからない? 祖国のこれら素晴らしい風景を見て、あなたの身体と思考を旅で浸してください!

襄陽

盛世の唐の都、かつて襄陽を訪れるのは、香り高い牛肉麺を食べるためだったり、古代龍中の三顧の礼を体験したり、郭靖の襄陽攻防戦を思い出したりするためだったが、今や襄陽を訪れる新たな理由がある。それは、大唐映画「妖猫伝」が撮影されたため、唐の都が世界に知られるようになったからだ。赤壁緑瓦、琉璃彩画を見るだけでも、千年前の唐朝の栄華と華麗さを感じることができる。

卸甲坪

ここが「見龍卸甲」から名前を取った場所かどうかはわかりませんが、ここに来ると自然に心を解放してリラックスすることができます。豊富な地熱資源を持つため、温泉の資源も多くあり、冬に温泉に浸かる以上に気持ちいいことはありませんか?自然の景色が原始的で、まるで隠れ里のような場所です。土家族の集落があり、土家風の風習が今でも保たれています。卸甲坪は武漢から約300キロ離れており、美食や特産品も豊富で、民俗も素朴で、友達と一緒に春節休暇を過ごすのに適しています。

神農架

冬の大九湖は本当に美しいです!処女のように静かで、氷雪の美女で、まるで夢のようです... これらのありふれた形容詞では彼女の柔らかさと優雅さを表現するのに十分ではありません。神農架に行ったら、スキー場で熱気あふれるスキーを楽しむこともできます。
錢江源、ここは一般的な水の都市とは違い、江南の優しさの外に、江南でもめったに見られない山川の豪快さがあり、「浙西の大興安嶺」と呼ばれています。

瑶里

景徳鎮の近くにある瑶里古鎮はマイナーな観光地で、まるで時間が凝固した山水画廊のように美しいです。瑶里の空は、まるで洗われたように純粋で、水には粉壁と黛瓦、高い屋根を持つ徽派建築が映ります。特に雨の日の瑶里は、霧雨がかかったように美しいです。

武夷山 (ぶいさん)

武夷山は「碧水丹山甲東南」と言われる美しい景観があり、天游峰と九曲溪は特に魅力的です。竹筏で九曲溪を漕ぎ、遠く天游峰の頂上を見上げると、とても楽しいです。現在、武漢から武夷山までは4時間で到着でき、最も便利な到着方法です。

東西湖

ここには、武漢の都市に本当の白鳥湖があります:府河湿地、数十万羽の渡り鳥が毎年冬を過ごすのが好きです。ここには江南の水郷のような石榴赤い村があり、ユニークな徽派民家があり、樸素でエレガントで、まるで徽州を旅するかのようです。チューリップ公園もあり、チューリップとひまわりの花期を逃しても、チューリップ公園はあなたをカラフルな夢の中に連れて行ってくれます。