夏休みに桂林周辺で涼みたい?

あなたに桂林での5つの山や水辺でのドライブ旅行の良い場所を紹介します。これらの秘境を巡って、あなたは桂林を訪れたことになります!あなたには、別の桂林を見せます。

五通広福山

広福山景区は、桂林市临桂区の五通鎮南西の村落に位置し、龍江河に沿って山を越えて临桂区の黄沙郷に到達します。 龍江河は透明で、河岸には植物がたくさんあります。 負イオンが多く含まれ、空気が新鮮です。 夏には涼しさを感じることができます。

桂林の古い瑶族の滝、“宛田”

南木村は桂林市の臨桂区宛田乡にある自然村落であり、村の滝、竹林、杉の森、風雨橋、棚田や竹楼の村落には、自然が独特の魅力を持っています。自家用車のルート:桂林から宛田に向かい、以前の桂林から龍勝への古い道を通り、南木村は路肩にあり、車を停めて1時間山道を歩いて南木の風雨橋に下ります。

宛田望の情谷

望情谷は臨桂県宛田瑶族郷王能村に位置し、市内から約50キロ離れています。望情谷景区の森林被覆率は80%に達し、様々な奇妙な木々があります。突き出た天に向かって伸びる木材や、100年を超える原始的なつる植物、侏儒時代から成長してきたソローツリーなどがあります。

六塘船岭竹海

六塘船岭竹海景区は、四方を山に囲まれ、船の形をした景色であり、周囲には若竹があり、小川が流れており、酷暑の夏でも、外は灼熱であっても、ここは緑で覆われており、まるで天然のクーラーのようです。

南側の山深いところに渓谷があります。

深里川渓谷は、漓江の西側山脈に位置し、陽朔の遇龍河の源流であり、「状元の町」として知られる桂林市南部の永平村に隣接しています。桂林市から50キロ離れています。渓谷の空気は清新で、水は清浄で、負イオンの含有量が非常に高く、原始的な生態系を持つ大桂林観光景観区にある新しい観光スポットです。現在はまだ開発が未熟で、比較的自然な状態を保っています。