成都出発自動車1日遊のおすすめスポットの紹介

成都発自家用車で行く1日観光のベストスポット6選、週末の成都近郊自家用車旅行にはどこが良いですか?

西岳山は世界自然遺産、パンダの生息地、国家級風景区、国家級森林公園、AAAA級観光景区です。最高峰は大雪塘で、標高は約5364メートルで、成都の最初の山です。唐代の詩人杜甫は西岳の美しさを讃え、「窓には西岳の千秋の雪」という咏史の名文を残しました。スキーエリアのほか、10以上のアイススノー遊びがあり、スノーモーターやイヌソリなどがあります。西岳山は前山と後山に分かれており、指すのは後山です。風景や娯楽ともに後山のほうが優れています。

都江堰

都江堰は成都から西に1キロメートルほどに位置し、玉垒山にある岷江の上にあり、有名な水利施設であり、美しい景勝地でもあります。入り口から堆公園、伏龍館、宝瓶口、飛沙堰、魚嘴、安澜索橋、二龍廟まで都江堰は続きます。
三聖郷の花卉栽培の歴史は古く、花で有名であり、成都市政府によって鮮切り花生産の基地に指定されており、国家林業局や中国花卉協会から「中国の花の町」と評価されています。紅砂村の「花の町農村住宅」は、四川省唯一の川西民家の雰囲気と花の文化を特色とする国家から級景区であり、全国農業観光デモンストレーション地の最初の一握りです。

青城山

青城山は中国道教の発祥地の一つであり、道教の名山である。四川省都江堰市の南西に位置し、かつては「丈人山」と呼ばれ、中国有数の歴史的名山であり国家重点風景名勝区であり、2000年に都江堰と世界文化遺産に共同登録された。

石像湖

蒲江石象湖は、天然資源に恵まれ、広がる生態園地が動物と植物の共生共存の天国となっており、都市の人々が精神修養に訪れる聖地である。石象湖は、湖畔にある古刹の石象寺にちなんで名づけられ、魏の大将である严颜が象に乗って天に昇ったと伝えられている。湖内には石象寺、川西大仏、二龍戯珠などの景勝地があります。石象湖は「鮮花の海」と呼ばれ、夢の地、安逸の郷、人々の住む天国とさえ称されています。

花舞人間

成都花舞人間は、四季に花が咲き続けるように、四つのテーマの花々があります。春には杜鵑が山を映し赤く染まります、夏は荷花の幽香を楽しめ、秋には美しい菊を山に撒き散らし、冬には紅葉を楽しむことができます。花舞人間は、アジアで最大かつ人工的に育成された杜鵑花の集中展示地です。130以上の種類、500万以上の各種の杜鵑花があります。特に、杜鵑の花瓶、くり抜かれた杜鵑花柱、杜鵑の木、垂れ枝杜鵑など、精心に育成された品種は、世界的にも類を見ないものです。