西双版納で中緬国境を探索する。

中缅国境は全国でも有名な和平である国境、商業国境、奇妙な国境です。中缅両国の国境住民は世代を超えて隣人と友好的であり、豊かな民族情、独特な宗教情、美しい山水情、深い兄弟情を集めています。国際結婚、国際貿易、国際市場、国際留学、国際観光、あなたが私に来たり、私があなたに行ったりしています。

メンジンライ

勐景来景区は、孔雀をテーマにした観光地であり、歴史の伝説と現実が結びついています。景区内には、孔雀の故郷観光地が整備され、国境探検や国境を越える漂流探険が行われます。
打洛は、中国の西雙版納の南部、孟海県の辺境の小さな町です。静かで落ち着いた雰囲気で、砂糖作り、酒造り、紙作り、陶芸などの伝統的な手工芸を体験することができます。また、打洛口岸へ行って異国情緒を楽しむこともできます。

モハン

磨憨とラオスのモーティン国境は、中国とラオスの間の一種の国境です。モーティンは中国の南端の小さな町で、モーティン国境の前には「ASEAN道路」という大きな道路があります。看板には「中国の免税」という大きな文字があり、日用品が販売されていますが、中越河口国境のようににぎやかではありません。しかし、「ASEAN道路」はその名にふさわしく、中国から東南アジア諸国への便利な経路です。

ダーロ港

ダロ口岸は、雲南省で重要な国境観光貿易口であり、1991年から省レベルの口岸が設置されて以来、省および州の関連部門の関心と支援の下で、科学的かつ合理的にダロを建設するために努力してきました。理にかなった配置、機能が完全で設備が整い、国境貿易と観光を一体化し、民族的特色を持つ国境の町になるようにしています。
公園は山に囲まれ、水に沿っています。原始の森林が密集しており、風景は自然で美しいです。観光、飲食、宿泊、娯楽、ショッピングなど、総合的なサービス機能を備えているため、パナ旅行リゾートに是非訪れるべき場所です。

界碑公園

界碑公園は西双版納ダイ族自治州勐海県に位置し、公園の面積は小さいですが、ゴムの木が多く、原始林の状態にあります。公園内の中緬国境界石の位置はすでにミャンマーの領土内にありますので、界碑公園に入ることはミャンマーの領土に入ることと同じです。界碑公園の入り口の柱には「不法通行厳禁」という注意書きがあります。