チェンマイ象保護キャンプ攻略全ガイド

象の保護キャンプは、チェンマイでの別の体験で、象たちに近づいて、本当に可愛い象たちと遊び、餌を与え、一緒に川で泳いだり、ジャングルで散歩したりして、自然や動物と調和を感じることができます。ここで言う象の保護キャンプは、公益団体であり、象の保護を目的としていて、収益は象の保護のために使われています。ここでは、象のパフォーマンスはなく、鞍掛け象もなく、象たちと友達のように振る舞い、象語を学び、彼らとコミュニケーションを取り、餌を与え、お手伝いします。

メイコン・エレファント保護キャンプ

コストパフォーマンス最高で、同行撮影があります。ここでは、象の世話の仕方、泥パック遊び、川岸で一緒に水浴びする方法を学ぶことができます。公園内には中国語サービスもあり、無料のカメラマンが写真を撮影します。現地の日帰りツアーに参加するのが最良で、1人あたり1500バーツ程度がお勧めです。

象の自然公園

最も欧米の観光客に愛される!これはチェンマイで最も完成度の高い動物保護施設で、アジアゾウ以外にも、水牛、野良犬など捨てられたり迷い出たりした様々な動物がいます。ここにいるすべての象にはそれぞれ物語があり、公園内での生老病死もリアルに表示されます。この自然な人間と生物の関係は、人々が生命について新しい認識を持つようになるはずです。公園内では多くの活動が選択でき、最短1日から最長で7日まで足を伸ばすことができます。一人あたり2500バーツから。

ラントン象救護センター

タイ北部地域では非常に有名で、アジア象を保護するために設立された園区です。ここは非常に自然で、象たちは自由自在に生き生きとしています。抑圧や枷鎖、象のパフォーマンスがなく、人々と象が自然に接することができます。最大の特色は、サドルのない象に乗ることで、象に傷を負わせることがなく、大象との親密な接触を楽しむことができます。また、ATVやドリフトプロジェクトもあります。平均して1人あたり2500バーツからです。

パタラ・エレファント・ファーム

チェンマイで最も高級な象のキャンプの1つで、1人あたり約3800バーツで、訪れた人はすべて、それだけの価値があると言っています。ここでは予約制度を導入し、毎日の訪問者を12人に制限し、1頭の象の背中には最大で2人しか乗ることができないようにしています。

エレファント・ウッディ

ここで唯一のテーマは、象と友達になることです。ここは非常に原生的で、あなたは現代社会から一瞬で離れることができます。ここで象が観光客を楽しませるためにパフォーマンスを強制されることはありません。ここでは、象が幸せであることを感じることができ、象たちと一緒に楽しく遊ぶことができます。タイ北部の山々の景色を楽しんだり、忘れられない一日を過ごしたりすることができます。1人あたり1600バーツ以上です。