青島ビール飲み放題マップ

青島の人々は酒を飲むのが好きで、年に一度の青島ビールフェスティバルはその証拠です。暇な時は、自然にバーに行って遊ぶこともありますが、これらのいくつかのバーはあなたに新鮮な気分を与えてくれるでしょう!

クールキャットクラフトビールバー

販売されているビールの種類は10種類以上あり、ワインのような味のビールもあります。

老劉が海鮮とビールの店で忙しい。

ネットで高い評価を受けているシーフードビアハウス。ビールは新鮮で甘いです。
青島ビール博物館は、青島ビール企業文化の重要な構成要素であり、2003年8月15日、青島ビール100周年記念日に正式にオープンしました。場所は青島ビールの発祥地である登州路56番地にあります。100年以上にわたる青島ビール文化と現代のデザインが完璧に融合し、国内初の、国際一流のプロのビール博物館となっています。この博物館は、屋内展示面積が6000平方メートル以上あり、100年の歴史文化区、醸造工程発展区、そしてビール体験チャーム区の3つの展示エリアに分かれています。青島ビール博物館は、国の重要文化財保護単位、国内最高の博物館のひとつである、中国で最も価値のある300のブランドのひとつである、国家AAAA級の観光景区であり、国内初の産業観光デモンストレーションサイトであり、国内の産業観光のイノベーションユニットであり、国内の科学普及教育基地であります。青島を訪れ、青島ビールを味わい、青島ビール100年の秘密を知ってください。青島ビール博物館はあなたの訪問をお待ちしています。
青岛市政府は青島ビール文化の構築のため、登州路をビールの通りに改修することを決定しました。これは青島ビール工場(登州路56号)の旧址前の道路です。登州路は歴史ある通りであり、100年の歴史を誇る青島ビールの文化の起源となっています。ビールの特徴を強調するため、特色あるビールバーの建設、オープンビール博物館の設置、文化・レジャースポットの設置などを通じて、ビール通りは延安二路から広饒路までの約1000メートルにわたって改修されました。通りの建物は全てヨーロッパ風に再整備され、道路沿いの店舗も通り全体と調和しています。最も注目すべき点は道路の色です。それは緑色で、この道路は全省初のカラフルな道路となっています。現在、ビール通りではビールを提供するレストランがあります。