武漢で早朝に何を食べるべきか(おすすめ店舗付き)

武漢で遊ぶなら、1週間の朝食は違うものに!あなたを大小さまざまな隠れた店の朝食に案内します。

パン記の熱乾麺

タクシー運転手の深夜食堂、「撒贝宁(サ・ベイニン)」、「冯巩(フェン・グォン)」といった有名人も専門に食事に来る。面本来の香りと噛み応えを保ち、数時間置いても「かたまらない」。ごまペースト、赤い油、醤油で味付けをし、酢と煮汁は入れずに、まだ口に広がる香りがある。

菜林記

武漢百年老舗の小吃面店。 全材料のホットドライスパゲッティーに加えて、エビドライスパゲッティー、雪菜肉絲ドライスパゲッティー、カイユーホットドライスパゲッティーなどの選択肢があり、総合的な製品が安定しています。

王師匠の豆皮

王師匠の豆皮は、方正の境界を破壊し、炒飯のようになっています。 豆腐と香菇のスライスに豆板醤と甘いくちゅうを加えたイノベーションを取り入れました。 豆皮は裏表両面にソースを掛けて作り、とても美味しく仕上がりました。

アビンの三鮮豆皮

アービンの店は美食のメッカの水陸街にあります。味は標準的で、比較的薄味であり、卵を入れたところは特にサクサクしています。常に行列ができており、彼が豆皮を作るときのパフォーマンスを見るのが好きな人が多く、踊っているようです。

徐嫂糊汤粉:徐夫人が作ったトウガラシ味噌汁に入れたとうもろこしの粉。

老武漢人の記憶に残る古い味。今使われている魚はもちろん腐った魚ではなく、新鮮な野生のカジカを使用し、小川のエビでスープを煮込んでいます。米粉を鍋に入れて茹でた後、濃厚なスープを注いで、塩、コショウ、生姜、ネギを加えます。とろりとしたスープの上には、淡い河鮮の味が漂います。一本の揚げパンが必要で、汗をかくまで満足させてくれます。

鹿が春に鳴く。

鹿はシカ、鳴き声はシカが鳴くことを指し、同じ仲間を呼び出して草を楽しむためです。そして、春は古代のお酒の別名であり、ここには美味しい料理とお酒があります。レストランでは、毎日200キロの新鮮な水牛肉を準備し、先に煮てから浸し、豚骨、鶏骨、トウモロコシで作ったスープで15時間ほど煮込みます。

ジュンジュン牛肉粉店

ジュンジュンの真髄はそのスープにあり、純正の牛骨の味がする。辛いものが大丈夫な人は、秘伝の赤油をもう一さじ追加するようにシェフに頼むことができます。辛さ控えめで、特別な香りが楽しめます。

毎日紅油シャオシンメンチェンの赵師傅

全ての武漢にただ一つの店。豆腐花は本当に柔らかくて、とても美味しい。

あーさんもちもちのパンに油条

甘い口はクラシックであり、もち米を熱くして底に敷き、桂花糖、黒ごま、落花生粉、黄豆粉が欠かせない。揚げパンは割るとカリカリと音がするもので、しっかりと砂糖をつけて袋に詰め、熱いまま提供する。

金焔牛肉フェーンの王

万松園のグルメストリートに行ってください。金焱牛肉粉大王で牛雑粉一杯とギョウザ二個を注文してください。

スマーフの餃子店

お勧め:粥と煮込み料理。