武漢の街角グルメ大紹介(3)

続けて武漢街の美味しいフードマップを紹介します。人々がうっとりするようなグルメを発掘してみましょう。

キレイな蒸しエビ

美味な蒸しエビを食べたいなら、十三香味に飽きたら、にんにく味のロブスターを試して、シンプルな蒸し味もおすすめです。最もおすすめなのは、この美味しい蒸しエビの冷麺で、小サイズでわずか6元で、お値打ちで美味しいので、強くお勧めします!

張同寿豆腐皮

豆皮は、武漢で有名な四大民間風味の軽食であり、実際には製造工程がかなり手間がかかります。豆皮は金色でつややかで、さわやかな卵の香りがあり、卵皮は柔らかくてサクサクしていて、ツルツルとして荒い口当たりはありません。一切、脂っこい感じがありません。

劉記の熱い干麺 (Ryūki no atsui kanmen)

正宗なごまだれで、味わいは言うまでもない。持ち帰り用にすると伝えたら、ちょっとの煮汁を足してくれました。こうすることで、後で食べる時に乾燥しすぎて混ぜられなくなることを防ぐことができます。細かいところまで行き届いていて、味も蔡林記に比べて良いです。天天趙師傅の紅油熱乾麺とも引けを取らないほどです。

武大湖畔の食堂

食事にはカードが必要で、使用分が終わったら返金されます。皆さんは心配しなくていいですが、1時半までにカードを返却してください。そうしないと食堂のスタッフが仕事を終えてしまいます。おすすめは、ココナッツミルクとタピオカ入りデザート、牛雑炊、レンコンの煮物、冷麺の焼き餅です。どの料理も美味しく、非常に手頃な価格です。

姉さん | 豚足の焼き物

焼き豚足はとても柔らかくてサクサクしており、他の店とは本当に違いました。皮がカリカリで肉が柔らかく、脂っこい感じはなく、作り方もガラス越しに見えるため、安心して食べられます。価格も手頃でおすすめです。現地の人に聞いたところ、江漢路に「項姐烤豚蹄」という店が2軒あり、ハッピー駅が最も本格的なようです。