武漢の街角グルメ大特集(2)

武漢の街角グルメを紹介し、武漢の街中に隠れた各種の美食小店を紹介し、みなさんが選ぶのに役立ちます。

蔡林記:熱い乾麺

外地人として、蔡林記は私が武漢で食べた最初の熱干面だったが、実は味は他の人が言うほど悪くない。酢とちょっとした唐辛子を加えると、本当に美味しくて、芝麻醤はとても香りが良く、余韻が残ります。

徐嫂糊汤粉 -> 徐嫂糊スープパウダー

地元の人が言うには、部巷にある唯一の美味しい軽食です。私は興奮して食べに行きましたが、私の好みとは合わなかったです。魚の匂いが重く、スープも粘着質で、本当に不味かったです!

豪華なシウマイです。

現地の人に聞いたところによると、戸部巷で唯一美味しい食べ物だと言われたが、興奮して食べてみたら、私の好みには合わなかった。魚の臭みが少し強く、スープもとろみがあって、本当にまずかった!

ローランド・ウエスト・ポイント

豆乳パック、ドリアンパフ(特徴的で必ず買うべき)、キャラメルパフはすべて非常においしく、量も少なく、限定販売されています。運が良ければ手に入るかもしれませんので、早めに行くことをお勧めします。噛みしめると、外側にドリアンの風味が漂うクリームが溢れ出し、口の中で溶けます。

趙師傅| オイル饅頭とシュウマイの詰め合わせ

穀倉通りの食べ物の名物、外で並んでいる人を見ると、この店がどれだけ繁盛しているかわかります。列は2つあり、1つは注文するために並ぶ列で、もう1つは油饅、焼売を取りに行く列です。 必ず注文をしてチケットを受け取ってから食べ物を取りに行ってください。 油饅は金色でカリカリしており、焼売は肥満肉が適度で、皮は薄く肉が厚く、強くお勧めします!