ワン ハン ツ タンス ツカブカブ ゴサオ チズー

美味な食べ物のために訪れる価値があるいくつかの都市がありますが、武漢はそのようなグルメ都市の1つです。

程鮮記豆腐店

大きな鉄鍋に皮を広げ、卵を打ち、豆干や豚肉の角切り、榨菜を振りかけ、厚いもち米を上に乗せ、両面を焼き金色になったら完成です。

趙師傅の赤い油で熱い干燥した麺。

趙師傅のここの注文方法は、チケットで食事を取ります。左側には油餅と焼まんじゅうがあり、右側にはアツアツの乾麺や卵酒などもあります。これらの2つもとても美味しいです。

趙師傅の油揚げパンとシュウマイ

一口食べると、外はサクサク、内はアツアツで、口の中には胡椒の香りが広がり、やわらかくてカリカリの食感が同時に舌の上で感じられます。おいしい、おいしい。

江ポ抄き餃子

握り手はワンタンです。全国各地の呼び方はまったく異なりますが、私が好きなものです。蘭陵路のこの店、蒋婆抄手は長年営業しており、改装前は老舗で、武漢の伝統的な古風味を保ちました。蒋婆は元々中山大道の芙蓉楼の抄手師でしたが、退職後にこの店を開きました。

ワンジーシェンの湯切りビーフヌードル

生々しい味わい、それが王の看板料理でもあります。16元で一杯の牛肉麺はとってもお得で、大きな牛肉がたっぷり入っています。スープは大根と牛肉のスープで、麺の中には煮込まれた大根がトロトロに柔らかくなっています。牛肉もたっぷりで、口の中でとろけるような食感があり、まさに私が 潮州 で食べた牛肉鍋のような味でした。麺も柔らかで、完璧です!

三太子腰子粉

三太郎腰子粉も老舗ですが、腰肉の食感は武漢の特徴があります。

南京の塩水ダック店

言われているとおり、この鹹水鴨屋は70年代から存在しており、現在は3代目の経営です。店舗は小さく、料理も多くはありませんが、遠方からわざわざ戻ってきて懐かしい味を口にするために訪れる多くの常連客がいます。武漢人に愛される重い味の鹹水鴨と比べても、独特の風味があります。

明るい芳香が広がる

武漢には、揚げものの総称である「炸炸(ざざ)」という美食があります。具体的には、チキンストリップ、じゃがいもスライス、レンコンスライス、インゲン、チキンチャンクなど、さまざまな揚げものがあります。麻辣火鍋を食べるように、好きな材料を選んで店に頼み、揚げてからソースにつけて食べます。どんなソースかというと、これは定番の問題ですが、もちろん胡椒ソースと辣油です。武漢の人たちは、胡椒味が好きなので、どの炸炸店もそれぞれ独自の調味料の配合を持っています。

本格的な桂林米粉

推薦:牛肉麺。

豊一

おすすめ:カレービーフヌードル、チキンウィング、ベビーアイスクリーム。

重慶のニウザファンミェン。

牛肉細麺、アヒルのネック、アヒルの頭がおすすめです。

楊記の辛辣な愛情麻辣煮

おすすめ:麻辣火鍋、ロンリーフィッシュスライス。

蒋婆の抄手

手巻き寿司、春巻き。

最高の牛肉麺店

おすすめ:小麺窩、牛肉炒め麺、スープ牛肉麺。

土匪魚 (どふぇいぎょ)

おすすめ:泥棒魚、じゃがいも片。

横丁居酒屋

おすすめ料理:横町の看板巻き。大阪マヨ焼き。サーモンの刺身。

アメリカンクックポットご飯

おすすめ料理:鉄鍋で炊いた細麺の煮込みご飯、看板のラーチャーオ煮込みご飯、チーズの鉄鍋煮込みご飯。