武漢の9大親子で訪れるべき名所

親子で訪れる場所だけでなく、SNS映えもする人気スポットでもあります。お子さんと一緒に武漢の親しみやすさを感じに出かけましょう!

星空アートギャラリー

ヴィンセント・ファン・ゴッホの星空美術館で、ファン・ゴッホの肖像画や彼の作品に関連するさまざまな5Dアート展示があります。最大のハイライトは室内の星空館で、可変色の照明と全景式のガラスマッピング効果が加わり、広大な宇宙空間に身を置いた気分になります。思わずスマートフォンを取り出して写真を撮ることすら忘れてしまうかもしれません!

二七長江大橋

二七長江大橋は、武漢で最も美しい橋の1つです。三本の塔で構成される斜張橋で、三角形の延長線のような視覚効果を生み出します。天気が良い日には、川風を感じながら青空と雲に映える二七長江大橋を見ると、まるで絵の中にいるような気分になります。

ガラス流しありがとうございます。

スライドの全長は1800メートルで、落差は100メートルに達します。全行程は高強度高透明度のガラスで建造されており、安全性が高く、刺激的です!空中を吹き抜ける感覚と同時に、フライボートで激流に乗る感覚も味わえます。

飛行機レストラン

この「リリー航空」という飛行機レストランは、退役したボーイング737客機を改装して、1年2か月の建設期間を経て完成しました。また、実際の飛行機内での食事以外にも、元々の操縦室は改造されて飛行シミュレーション体験室になり、飛行機内の計器盤などの装置は全て保存され、お客様はパイロットの操縦プロセスを体験することができます。

中南財經政法大学 - バス538

「次の停車場、茶山刘。」 『下一站茶山刘』は、大家の婆が大学を卒業する前に書いた大学4年間の卒業曲である。「次の停車場、終着駅、南湖大道茶山刘。」歌は武漢のバス538路を使って始まり、単純ではあるが、瞬時に人々を深い思い出に連れて行く。「茶山刘」は中南財政法学大学のバス停の名前です。文大の門のすぐそばにあるため、ほぼ文大のシンボルとなっています。」
黎黄陂路の両側には、約17のレンタル地区時代の欧州風建築物が残されています。華俄道勝銀行の旧址、ロシアの警察署の旧址、中華基督教信義ビルの旧址、アメリカ海軍青年会の旧址、ロシアリース地区の工務局の旧址、高氏病院の旧址、キリスト教青年会、順豊洋行、邦可花園、フロー会社、バー公家、首善堂、万国病院の旧址が含まれています。
「汉陽造」は中国の「工業革命」を代表し、成功と失敗に関わらず、中華民族の目覚めを表しています。中国の興隆には、経済復興だけでなく、「文芸復興」が必要です。「文芸復興」がなければ、新しい「中国文明」や東方文明を推進することはできません。そのため、「汉陽造」芸術区は、中国中部の文化芸術の発展のために「汉陽造」の名を借りて、火をつけたいと考えています。
1901年ごろ、バークレー兄弟は漢口のロシア租界で大きな土地を買い取った。その範囲は、東西に二儀街(現在の洞庭街)から珞珈碑路(現在の珞珈山街)まで、南北に列爾宾街(現在の蘭陵路)から今日の黎黄陂路までの三角地帯を含んでいます。そして、二儀街と三教街(現在の鄱陽街)が交差する黎黄陂路から蘭陵路までの三角地帯に、1901年に建設が始まり、1910年に完成した等腰三角形の大きな家を建てました。これが人々がバークレー家と呼んでいる建物です。完成したバークレー家は、この地域のロシア租界の象徴的な建物となりました。