武漢の路上食堂リスト(その1)

武漢の美食は常に人々を魅了していますが、巨大な都市で雷を避けつつ最も正統な美食を見つけるには、一般の人々にとって最も関心のある問題の一つです。この攻略では、武漢の街角に隠れた各種の美食小店を詳細に紹介し、皆様に選択肢を提供します。

王記牛雑店 | スーパーニンニク牛雑面 | 自家製あんこ

武漢で初めて食べた美味しい料理は、王記牛雑切り屋のスーパー牛雑面です。牛雑の量がたっぷりで、牛の筋肉や内臓も入っており、煮込み具合がちょうどよく、味がしみ込んでおり、噛み応えがあるのが特徴です。麺もとてもしっかりしており、滑らかです。値段も十分リーズナブルで、十数元程度です。ただ、ちょっと辛味があるのが難点です。

ソフトドリンクパック

ソーダパンは何十年もの歴史があり、武漢の名物フードの1つでもあります。特に店主に「ソーダパン」という名前の由来を聞いたところ、店主は「定着した呼び名で理由はない」と答えました。最も代表的な味は、香茹もちあんです。もちもちと柔らかく、2枚の皮も黄金色でサクサクです。

小路易生煎館

彼らの家の生煎はすべて現地で作られ、店舗は小さいですが、並んでいるときには製造過程が見えます。実証されたように、味はまあまあです。肉質は柔らかく、量も多く、下層の皮は黄金色でサクサクしており、サイズもかなり大きいです。中にはたっぷりの熱々のスープが入っていますが、一口で食べることは避けてください。生煎と言っていますが、実際には生煎汤包です。種類は一種類しかありません。

黒い石のクッキー(Kuroi ishi no kukkī)

黒石の焼き餅、薄い餅を熱した石の上に置き、その上にもう一枚かぶせて焼き上げます。肉の餡が入った物を買って、焼き上がった餅はとても薄くてカリカリで、少し花椒の味がします。確かに試したことはありませんが、味はとても奇妙でした。熱いうちに食べるのをお勧めします、そうでないと柔らかくなってしまいます。

老谦記 | 牛肉と枯れた豆の炒め物

老謙記の牛肉と乾燥豆絲の炒め物は、有名な江城の軽食であり、現地で作られ現地で販売されています。 牛肉、香菇、玉蘭片、様々な調味料をコーンスターチでとろみをつけた後、豆絲の上にかけて、牛肉と豆絲の混合物は本当においしいです。 江城の名物であることに間違いありません。