天山瑶池観光ガイド

天池は、古くは「瑶池」と呼ばれ、伝説によると3000年以上前、周の穆王姫満が天池のほとりで西王母と宴会を開き、千古の佳話を残したとされ、現在でも、天池湖畔には西王母を祀った王母庙があり、また、娘娘庙とも呼ばれています。ウルムチに来たら必見の聖地です。

天山天池:テンシャントンチ

天山天池、世界自然遺産、国家AAAAA級観光地、古称「瑶池」、碧水に映る景色が美しく、夏には覆い尽くすほどの翠緑が広がる。

西王母の祖廟

西王母祖廟(瑶池宮)は天山天池の東岸に位置し、新疆で最も古く、海抜が最も高い道観の一つです。西王母を祀るために名付けられ、道教、西王母文化を継承しています。
天山山脈の東部にある最高峰です。ボグダはモンゴル語で「神の山」、「聖なる山」、「霊の山」を意味し、明清時代は漠西モンゴルと硕特部の遊牧地帯でした。地勢は険しく、景色は美しいです。

飛竜潭

別名「東小天池」,位於天池東北山谷內,距離天池主湖東面500米處,是由天池主湖泄水而形成的。因為傳說這裡是小飛龍的巢穴,所以也被稱為「飛龍潭」。另有傳說這裡是西王母沐浴梳洗的地方,因此也被稱為「梳洗澗」、「浴仙盆」。
西小天池は天池の麓から2キロメートル離れた道路脇にあり、水面はまるで満月のようで、池の水は清らかで深く、池の中の映り込みが面白く映し出されています。