奈良の6つの世界遺産

奈良、日本のかつての首都であり、公元6~7世紀の隋唐中日の交流が頻繁であった時代に当たる。奈良に行って6つの世界遺産を探し、大唐の栄華の魅力を感じてください。

東大寺は、日本の代表的な華厳宗の大本山で、別名は大華厳寺、金光明四天王護国寺などとも呼ばれています。奈良時代の平城京(現在の奈良市)の東部に位置し、南都七大寺の1つで、長い歴史を持ち、約1200年の歴史があります。1998年、東大寺は古都奈良の歴史的遺産の一部として世界文化遺産に登録されました。東大寺大仏殿は、世界で最も大きな木造建築物の1つであり、正面幅は57メートル、奥行きは50メートルに達します。大仏殿の中には、高さ15メートル以上のルシャナ仏が立っています。同時に、東大寺の敷地内には、南大門、二月堂、三月堂、正倉院などの有名な建物があり、極めて高い歴史的、文化的、芸術的価値を持っています。
栄福寺は、日本奈良県奈良市にある南都六宗の一つ法相宗の大本山です。公元730年に建てられた五層塔は、南都七大寺の一つで、高さ50.8メートルです。歴史的には、兴福寺は春日大社の支配を脱し、大和国の真の支配者となりました。その後、多くの戦火を経験しましたが、最終的に復興しました。兴福寺は現在、法相宗の重要な寺院の一つであり、「古都奈良の文化財」の一部でもあり、世界遺産に登録されています。しかし、大規模な耐震補強工事を行うため、国宝館は2017年1月1日から12月31日まで休館する予定です。この期間、栄福寺の仮本堂が特別開放され、主要な国宝を見学することができます。また、毎月第2土曜日には、栄福寺会館が世界的な仏教の専門家を招き、無料で一般公開しています。
春日大社(しゅんがたいしゃ),または春日神社は、日本の奈良市奈良公園内にあります。神社は和銅二年に建てられ、武瓮槌命、経津主命、天児屋命、比売神を祀っています。毎年3月13日は神社の例祭日です。この神社の建設者は藤原不比等です。古都奈良の文化財の一つとして、この神社は世界文化遺産名簿に登録され、22社の1つとして扱われています。 神社の参道は全長1.5キロメートルで、赤い鳥居が出発点となり、両側にそびえ立つスギと白樺の森があります。林の中には奈良の鹿も隠れており、また、寄贈者から送られた大小様々な石灯籠が2000個以上あります。 以上が春日大社の紹介です。
唐招提寺は奈良市五条町にあります。現在ではやや遠いと感じられるかもしれませんが、1200年前には奈良時代の平城京五条二坊、つまり首都の中心部に位置していました。西暦759年、唐の高僧鑑真がここに与えられ、唐招提寺を建立しました。彼は、仏陀の身近で修行するための場所を意味する「道場」としてこの寺を建てました。寺名は、この寺が鑑真和尚のために建てられたことを象徴しています。唐招提寺はまた、「建初律寺」とも呼ばれます。それは、日本の仏教が中国の南山宗の戒律を中心に展開していたためであり、この寺が最初の律寺だったためです。今日、唐招提寺は日本の律宗総本山として尊重されています。 唐招提寺は盛唐時代の建築様式を残し、金堂の朴素で広々とした屋根や並列された回廊の柱は壮大な印象を与えます。金堂は唐招提寺の中層に位置する建築物であり、井上靖の小説にも登場します。10年間の大規模修復工事を経て、金堂は2010年に正式に再開放されました。これは、中世以来、この寺で最大規模の修復作業でした。
薬師寺は、日本の奈良市西京に位置し、「西京寺」または南都七大寺の一つとしても知られています。この寺院は、天武天皇時代にさかのぼる歴史があり、当時の皇后が病気にかかったため、天武天皇がこの仏教寺院を建設する誓願を立て、最終的に公元698年に建設されました。薬師寺は多くの戦火を経験し、平城遷都の場所でもありました。近年、薬師寺は大規模な修復工事が行われています。 寺院内の東塔は、この寺院で最も保存状態の良い古い建造物の一つであり、六階建てで、裳階に覆われているため、より高く見えます。この東塔は、奈良美術の代表の一つであり、「悦楽の動きを凝らした」と讃えられる美しい造形を持っています。薬師寺は1998年にUNESCOの世界文化遺産に登録されました。
平城宮は、日本の奈良時代に建てられた宮殿で、平城京の北端に位置しています。平安京への遷都に伴い、廃墟となり、農地になってしまいました。明治時代には、建築史の専門家である関野貞が大極殿の遺跡を高地で発見し、発掘作業を行いました。この遺跡の発掘結果に基づき、1998年に朱雀門が修復され、庭園も修復されました。また、2010年には大極殿も修復されました。1998年12月、この場所は世界遺産に登録され、日本の考古遺跡として初めて世界遺産に登録され、"古都奈良の文化財"として称えられました。