ヴェネツィアは必ず体験すべき場所であり、あなたの旅が無駄にならないようにします。

曲がりくねった水路、流れる清流、ベネチアは青い波に浮かぶロマンチックな夢のようです。詩情画意がずっと忘れられません。ベネチアに行くなら、これらをして初めて価値があります。

サン・マルコ・カンパネィレ

聖マルコ教会に属するサン・マルコ・カンパニーラは、ヴェネツィアで最も高い建物であり、この湿地にある都市の灯台として、長年、ヴェネツィア人にとって争いのないランドマークとなっています。

サン・マルコ寺院

サン・マルコ広場に位置し、ドージェ宮と隣接しているサン・マルコ大聖堂は828年に建設され、11世紀に火災により再建されました。当初、聖マルコの遺骸を安置するために建てられたものでしたが、その後、東方十字軍期間に各国から略奪した宝物を集めるために使用されました。これは中世のヨーロッパで最大の教会であり、豊富な芸術品の宝庫でもあります。
ヴェネツィアの仮面は、地元住民によって"Bauta"と呼ばれ、千差万別の形状があり、半面、全面、羽根付き、葉っぱ付きなどがあります。色彩も鮮やかで、いろいろな色を組み合わせ、金の粉を振りかけて、精巧な中に邪悪な雰囲気が漂います。地元には、ある言い伝えがあります。それは、すべての仮面の後ろには魂が隠れているというもので、仮面をつけることで、ご自分がなりたい姿に変身できるのだと言われています。
これは100年以上の老舗で、1720年に開業以来、セント・マークス広場で人気のあるお休みやデートの場所となっています。内装はレトロで豪華です。300年以上にわたり、ここは多くの文化人や社交界の精鋭が集まる場所で、ゴルドーニ、バイロン、ゲーテ、ディケンズなど多くの著名人が訪れました。外で写真を撮るだけでは十分ではなく、座ってお茶やお菓子をゆっくり味わうのが最高です。
スパゲッティネリは、ヴェネツィアにしかない美食であり、ヴェネツィアに行く際には必ず試してみるべきです。生地にイカ墨を加えることで黒く仕上げ、しっかりとした食感とたんぱく質を含んでいます。見た目は「ダーク料理」に見えますが、食べるととても美味しいです。イカ墨は非常に鮮やかで、イカの食感も素晴らしく、わずかに塩味がしますが鮮度があり、非常に美味しいです。

フランス現代美術館

大運河沿いのフランゲッティ美術館、または黄金宮としても知られており、大運河に面した建物に高価な金めっきが施されているためこの名前が付いた。大運河上にとても目立つ建物であり、またヴェネツィアで最も傑出なゴシック建築である。