万象寺の寺院とおすすめ体験

ラオスは万仏の国で、ヴィエンチャン市内だけでも10以上の寺院が観光スポットとなっています。仏教文化に特に興味がない場合は、すべての寺院を訪れる必要はありません。外部から見る限り、仏像や寺院からは歴史や工芸、年代などはわからないからです。代表的な寺院を選んで静かに散策し、ラオス人の宗教的信念を黙って感じ、自分なりの人生観を味わいましょう。

サコー寺院は万象市の最も古い寺院の1つであり、1818年に建てられ、ランサン王国最後の王によって建設されました。ランサン王国はすでにシャム王国の支配下にあったため、寺院の建築様式はタイの寺院にやや似ています。幸いなことに、サコー寺院はヴィエンチャンの戦火を逃れましたが、戦争中に多くの文化財が失われました。 サコー寺院は広大な敷地を占め、壮大な建築物があり、多くの建築技術が取り入れられており、見る者を驚嘆させます。今日、それはラオスの古代文化と芸術品の貴重なコレクションセンターとなっています。回廊の内側の壁には、異なるサイズや材質の2000以上の仏像が祀られた多数の小さな仏龕があります。回廊には多くの仏像が展示されており、その多くは戦後回収された1200年の歴史を持つものです。寺院の壁には、多くの鮮やかで多彩な壁画が描かれ、仏教徒の生活が描かれていましたが、現在はぼやけています。メインホール内では写真撮影が禁止されており、観光客が要件を満たさない場合は、入り口で無料で長いスカートを借りることができます。
玉仏寺はラオス最古の仏教寺院の一つであり、元々ランポーン王国の王室時代に建てられ、ランポーンから運ばれた玉仏を保護するために使用されていました。この寺院は玉仏の名前で知られていますが、1828年にはシャムの侵略者によって略奪され、今日ではタイの玉仏寺に置かれています。玉仏はラオスに安置されていた218年の間。1942年の再建では、主殿の外観は依然として非常に壮大で、回廊は高い円柱で構成され、内部には多数の仏像が置かれています。主殿のドアには複雑なロココ様式が彫られ、壁には多数の仏教の物語の彫刻が施されています。主殿の内部には、王冠の宝座、カンボジアの彫像、大小さまざまな金、玉、水晶の仏像、さまざまな木彫りや扉彫りなど、多くの貴重なコレクションが展示されています。時を経ても、玉仏寺は依然として尊敬されるべき存在です。
シモン寺、または神城寺とも呼ばれ、ルアンパバーン市で最も重要な寺院の一つです。寺院が建てられたとき、シメウォンという名前の妊婦が自己犠牲をして基礎を築き、信徒たちを支え続けました。1828年、シャムの侵略者によって本堂が焼失しましたが、石座の仏は無事であり、人々の願いを叶えています。現在のシモン寺は1915年に再建されました。寺院には多くの仏像、金剛像、人物彫刻があり、その中にはCity Pillarに住む老鷹や、祖母緑玉の仏像や願いが叶う石があります。本堂は二つに分かれており、外側は邪気を払い、祈りを捧げる場所であると同時に、お坊さんが安全を確保するために縛り付ける習慣があります。内側には豪華な祭壇があり、多数の仏像が祀られ、香火と祈りを捧げる場所として利用されています。寺院の広場にはSisavangvong国王像があります。シモン寺は地元民や観光客に愛されており、特にタイ人観光客に人気があります。

タラオン寺院

タロン全域を細かく見るには1〜2時間かかります。外側の寺院には料金はかかりません。午後3〜4時、西から照りつける熱い太陽の中、足場がカメラに映り込んでいるにもかかわらず、金色のタロンは美しいです。タロンの南側には巨大な寝そべる仏があり、写真に適しています。

凱旋門

夕暮れの日没時に向かい、灯光が点灯されると、この都市のランドマークと都市全体に対する敬意を自発的に感じざるを得なくなるでしょう。トロンから凱旋門まで約3キロ、車で15分程度です。おすすめのルートは、午後3〜4時に凱旋門の頂上から見下ろし、その後5〜6時にトロンを訪れて写真を撮り、そして市中心に戻り、凱旋門の夜景を堪能することです。