ハドリアヌスの門, しんかのアーチです。

Arch of Hadrian
アテネのアマリアス通り
道路の脇に立っているのは壮観です。
遊ぶことができる観光スポット
アテネの古い街と新しい街を区切るために使用される
3.7

紹介

アテネのアクロポリスの東南に位置するハドリアヌスの門は、ローマ時代の凱旋門で、131年にハドリアヌス帝によって建設され、高さは13.5メートル、幅は18メートルです。この建物は、古代の道路を横断し、アテネの東部の建物群、オリンピアのゼウス神殿などに通じています。ハドリアヌス帝がアテネに来た理由は、新しく建設された神殿に捧げ物をするためだったとされており、彼は寛大に寄付をしました。地元の住民たちは敬意を表してこのアーチを建設しました。当時、この建物は市街地を新旧2つの部分に分けていました。門の上には、「ここは古代都市テッシュスのアテネである」と書かれ、「ここはテッシュスの都市ではなく、ハドリアヌスの都市である」と書かれています。それは周囲の歴史との関係を理解するのに役立ちます。ハドリアヌスの門は、コリント式の冠状壁柱に支えられ、アクロポリスや新市街に向かって各面に銘文が刻まれています。しかし、ゼウス神殿は今では廃墟となっています。時代はハドリアヌスの門の外観を大きく変化させ、彫刻部分はひどく損傷していますが、それでもアテネへの入り口として象徴的な存在であり、古代建築の驚異と歴史の記憶を人々に示しています。
住所
アテネのアマリアス通り
営業時間
終日営業。
おすすめの交通手段
地下鉄の2号線に乗って、Akropoli駅に行けば到着します。