ポセイドン神殿, エーゲ海沿岸の山の上にある海神の神殿

Temple of Poseidon
サニオン
美しい海の景色と夕日を見ました。
寺とエーゲ海の風景が素晴らしく調和している
アテネの必見スポット
4.4

紹介

アッティカ半島の最南端に位置し、崖の頂上にポセイドン神殿が建っています。ここはアテネから約70キロ離れており、海に浮かぶ船の美しい景色が一目で望めます。特に夕方になると、日の入りの景色が美しく素晴らしいとされています。 伝説によると、この場所はエーゲ海と関係があるとされています。伝説によれば、国王であるアイギーナ王は、息子のテセウスをクレタ島に派遣して怪物を殺させた後、印を約束しました。もしテセウスが無事に帰って来たなら、帆船は白色に変わり、もし彼が死んだ場合は黒色に変わるというものでした。しかし、テセウスはこの約束を忘れてしまい、アイギーナ王は黒い帆船を見て絶望し、最終的に自殺することになります。この出来事を記念して、この海はアイギーナ海と命名されました。
住所
サニオン
おすすめの交通手段
Pedion Areos Parkのバスターミナル(アリス公園の入り口)に、Sounion行きのバスがある。出発時間は季節によって異なり、30分から1時間ごとに運行され、チケットは約6ユーロです。乗車時に購入してください。コンスティチューション広場のFilellinon通りには、教会に到着する前に(教会の斜め向かい、洗車場の隣にある)、Sounion行きの専用車があり、約2時間かかります。Sounion行きのバスには2つの路線があり、海岸線に沿って走るものと走らないものがありますので、出発前に確認してください。往復チケットは12.5ユーロです。