ニュルンベルク市役所広場, 広場にある市庁舎は今とても壮大です。

Rathausplatz
ニュータウンホール、18、ハウプトマルクト、セバルド、ニュルンベルク、ミドルフランコニア、バイエルン自由州、90403、ドイツ
4.1

紹介

17世紀に建設されたニュルンベルク旧市庁舎(Altes Rathaus)は、文芸復興時代の建築物で、形がエレガントです。新市庁舎(Neues Rathaus)は1954年に完成し、市庁舎広場と主要市場広場の間に位置しています。聖セバスチャン教会(St Sebalduskirche)は13世紀に建てられ、ニュルンベルクで最も古い大きな教会の1つです。教会は最初はロマネスク様式で、後にゴシック様式とバロック様式に改装され、外壁には多くの宗教的な人物像が彫られています。教会はニュルンベルクの守護聖人である聖セバスチャンにちなんで名づけられました。彼は8世紀の隠者であり、伝道師でした。
住所
ニュータウンホール、18、ハウプトマルクト、セバルド、ニュルンベルク、ミドルフランコニア、バイエルン自由州、90403、ドイツ
おすすめの交通手段
市役所広場は、中心市場広場の北側から50メートルです。