ハックの庭院, それぞれの庭にはそれぞれの特徴があります。

hackesche-hoefe
ローゼンターラーストラセ40/41、10178、ベルリンミッテ
4.2

紹介

ハック庭園建物は、1906年から1907年にかけて建設され、ベルリン・ミッテ地区に位置しています。8つの相互につながった庭園で構成され、敷地面積は約9,200平方メートルで、ドイツで最大の庭園群の建物の1つです。設計者は、従来の庭園の機能を覆し、オフィス、住宅、ショッピング、娯楽の要素を巧みに組み合わせました。かつてはユダヤ人居住地区であったこの地域は、1920年代にはローゼンタール通りの庭園ビルにはドイツ商業銀行、紳士服店、楽器店、手袋や皮アウターの店など多くの商業機関が集まり、商業が発展していました。庭園の反対側にはワインレストラン、クラブ、カフェなどがあります。今日、ハック庭園の回廊と小さな店は、ファッションブランドとカフェに取って代わられ、内部には独特のスタイルを持つレストラン、ファッションストア、ギャラリー、映画館、劇場などがあり、建築デザインの革新と商業活動の繁栄が完璧に表現されています。ハック庭園のデザインは、20世紀初頭に発想を得ており、ビジネス、生活、娯楽を緊密に結びつけ、ドイツの都市建築の輝かしい真珠となっています。
住所
ローゼンターラーストラセ40/41、10178、ベルリンミッテ