三つの壁, 海岸の岩は非常に特徴的に見えます。

Sandanbeki Dokutsu Cave
わかやまけんにしむろぐんしらはまちょう2927-52
三段壁の景色は非常に壮観です。
洞の中の波はより荒々しいです。
大海の波が絶え間なく打ち寄せる
4.1

紹介

三段壁は、和歌山県白浜北方2キロメートルの海岸断崖で、高さ約50メートルで、三種類の岩石で構成されたことから名前がついた。この海岸の景色は、観光客たちが最も驚嘆する自然の景観の一つです。何億年も前に、海底火山活動によってこの壮大な断崖が形成されました。太平洋の熊野浜の波が巨大な峭壁を侵食し、三段壁が多様な海食景観を作り出しています。特に春の満潮時には、上昇する潮水が崖に衝突し、雪のような泡立ちを起こして、自然の力の偉大さに驚嘆します。 三段壁の下には、深い海食岩の洞窟があり、古代の熊野水軍の基地でした。12世紀末の源平の戦争では、熊野水軍が源氏家族の戦闘を支援し、源氏の勝利と鎌倉幕府の基礎を築きました。現在でも、ここには古代水軍基地の建物や記念碑が残っています。 現在、三段壁の洞窟には、エレベーターが設置され、地下36メートルにある安全と幸福を守る水神「弁財天」と16人の童子像を祀っており、熊野水軍の寝室の復元模型もあります。歩道を進むと、有名な景勝地「蓮根岩」が見えます。この奇妙な岩は長い時間をかけて波に侵食され、多彩な色の斑点やストライプが縫い目を描き出しています。洞窟を通して、大鷲が広がる「十象岩」と似たようなものが見えます。そして、歩道の最後には、満潮時には、海のしぶきが岩の隙間から噴き出し、鯨が水を噴き出しているかのような「潮吹き」の壮観な景観が見られます。
住所
わかやまけんにしむろぐんしらはまちょう2927-52
営業時間
8:00-17:00