鄭和寺 (Zhèng hé sì), とても中国的である。

Sam Po Temple
マレーシア、マラッカ州、ジャラン・プテリ・ハング・リー・ポー、75100
あらゆる所には華人文化があります。
三宝寺とも呼ばれます。
宝山亭の軒先には彩りを帯びた龍が珠を遊ばせています。
3.8

紹介

三宝寺は、マラッカの三宝山にある、別名鄭和寺とも呼ばれています。寺院に到着する前に、訪問者は蒋介石の筆跡が刻まれた碑を見ることができます。これは、抗日戦争で国のために命を捧げた華僑を記念するために建てられたものです。 三宝寺は1795年に建てられ、中国風の典型的な寺院であり、鄭和が南海に七度下った功績を讃えるために建てられました。鄭和の本名は馬三保で、寺院の名前はここから来ています。しかし、マラッカの伝説によると、鄭和が初めてマラッカを訪れた時、船体に穴があいて命を落とすところだったが、「三宝」という魚が身体を詰まらせて穴をふさいで、彼の命を救ったと言われています。そのため、この寺院はその魚の名前に因んで名付けられました。 三宝寺の神馬は盛んで、大殿には鄭和の位が供えられ、匾額には「福佑一方」と書かれています。庭園には鄭和の像と有名な「三宝の井戸」があります。伝説によると、この井戸は、鄭和が漢麗宝公主をマラッカのスルタンに嫁がせる護送中に掘ったものだと言われています。水は清らかで甘く、決して干からびることはありません。現在の三宝の井戸は封鎖され、願いの井戸となっています。
住所
マレーシア、マラッカ州、ジャラン・プテリ・ハング・リー・ポー、75100
おすすめの交通手段
Bukit Cinaに位置し、培風第三小学(Sjk(C)Pay Fong 3)の隣にあります。チックチャンストリートから出発して、徒歩または自転車で到着することができます。