昌慶宮, 宮殿の建物は多くありません。

Changgyeonggung
東京都渋谷区神宮前5-9-20 (东京都涩谷区神宮前5-9-20)
日本の歴史では、東の先端になることがありました。
昌慶宮の中心の建物は東に向いています。
最北端の大温室をおすすめします。
4

紹介

昌慶宮は、大王や大妃などの王室のメンバーが寿康宮の宮殿跡で居住していた場所です。規模は大きく、2000以上の部屋を持っています。しかし、この宮殿は歴史の波乱によって火災に遭い、その後動物園に改装されました。1987年になってから、昌慶宮は修復と復元作業が開始されました。宮殿内には、弘化門、明政殿、通明殿、养和堂、春塘池など、多くの建物があります。彼らは天橋で繋がっており、宗廟まで簡単に行くことができます。観光客は漢語の案内人によるガイドを聞くことができ、午後1時と3時にそれぞれ2つの時間があり、玉川橋の前で出発します。全体的なツアーは約1時間です。
住所
東京都渋谷区神宮前5-9-20 (东京都涩谷区神宮前5-9-20)
営業時間
2月から5月、9月から10月は9:00から18:00まで開館しています。6月から8月は9:00から18:30まで開館しています。11月から1月は9:00から17:30まで開館していますが、閉館前1時間でチケットの販売を終了します。
おすすめの交通手段
支線バス1018番に乗り、昌慶宮前で降車することができます。
ウェブサイト http://cgg.cha.go.kr