杨家岭の毛沢東旧居, 毛主席の旧宅

陝西省延安市宝塔区の杨家岭路
近くには他の偉人の洞窟ばかりです。
毛主席が滞在した場所
どこでも赤い観光スポットがあります。
4.4

紹介

杨家岭沟口の中央機関の門を踏み入れると、まず目に飛び込んでくるのは、松に囲まれ、山に沿って建てられた礼堂である。この建物は、杨作才が設計し、中央機関の同僚が1942年に手作りで建てたもので、内部はホール、ダンスホール、そして休憩室の3つに分かれている。中国共産党中央官房ビルは、中央大礼堂の左側の奥にあり、1階には会議室や作戦研究室が設置されている。2階には、李富春、杨尚昆、王首道などの同僚のオフィスがあります。3階には政治局の会議室があります。ここでは、中央政治局の重要な会議が頻繁に開かれ、毛沢東が延安文芸座談会で行った演説のような重要な文書が起草され、承認されました。毛主席の旧居は、杨家岭革命遺跡の中央機関ビルの右側の山腹にあります。庭には東を向いた3つの石窯があり、1つはオフィス、1つは寝室、もう1つはスタッフ用の住宅です。毛沢東はここに滞在していた間、『投降反対運動』、『新民主主義論』、『我々の学習の改革』、そして『党風の整頓』などの重要な論文を発表し、抗日戦争を指導しました。以上が真の歴史です。
住所
陝西省延安市宝塔区の杨家岭路
営業時間
08:00-17:30 (1月1日-12月31日、月曜日から日曜日まで)