ドイツアルプス山脈の道のりのチェックポイント。

アルプス山脈は「自然の宮殿」と「地形陳列館」として世界中で知られています。山の氷河は極北の景色を見せ、山の氷河の影響で多くの湖が形成されています。最大の湖はレマン湖で、オフィシャルのチェックポイントを見逃すことはできません。これらのインフルエンサーによるおすすめスポットを見てみましょう。

ベヒシュタインザルン

Watzmann(ヴァッツマン峰)や国立公園を気軽に訪れることができます。
キム湖はドイツのバイエルン州の最大の湖の一つで、アルプス山脈の南側に位置しています。湖面には紳士島、淑女島、雑草島の3つの島があり、これらの島々には先史時代のケルト人やローマ人の遺跡がいくつかあります。紳士島は2.4平方キロメートルの広さで、美しい景色や壮大な建築物で有名で、古い宮殿の列があり、その中でも最も有名なのが、ヴェルサイユ宮殿を模したルートヴィヒ2世の宮殿です。この宮殿は華麗で内部には金色に輝く飾りがありますが、ルートヴィヒ2世が亡くなる前には完成せず、彼はたった10日間しかここに滞在しませんでした。宮殿のほか、噴水庭園や散歩道などもあり、約3時間の見学時間が必要です。淑女島には、1200年の歴史を持つ教会や、南部で現存する最古の建造物の一つである門楼があります。これらの島々の豊かな歴史や美しい景観から、キム湖は人気のある観光地となっています。

エタル

エッタル修道院(Kloster Ettal)は、ドイツのアルプス山脈にある静かな谷に位置し、1330年にバイエルンの皇帝ルートヴィヒ(Ludwig)の意向により建設されました。

フィセン

ここで最も重要な観光スポットはNeuschwanstein(ノイシュバンシュタイン城)で、外せないチェックポイントです。

ボーデン湖畔林道

リンダウ(Lindau)は、ドイツのボーデン湖(Bodensee、またはカンスタンツ湖、Lake Constance)に位置する小さな町で、かつてはこの地域の漁村であり、1000年以上の歴史を持っています。現在は、ドイツの観光道路であるアルプス街道の起点です。一般的な旅行者は、ミュンヘンから専用の旅程で来ることはありません。旧市街は非常に小さいため、約2時間で散策できます。
ドイツとオーストリアの国境に位置する小さな町ベルヒテスガーデンから南に5キロメートル、ドイツで最も深い湖であるコニクス湖があります。氷河侵食によって形成され、周囲を山々に囲まれ、湖水は北欧の峡湾のように透き通っています。湖の中心は鏡のように平らで、高さ1885メートルのケルシュタイン山が映ります。イーグルズ・ネストは1937年に建てられ、ヒトラーの誕生日の贈り物として使われ、後に同盟国やゲシュタポの接待に使われました。今日、イーグルズ・ネストは山頂にあるレストランや展望台として使われています。コニクス湖はドイツで最も美しい湖として知られ、周囲の山々の形状にちなんで名付けられています。国王と王妃を象徴する山、子供たち、そして横たわる魔女の峰などが含まれます。ここでは船に乗って散策することができ、まるで別世界に入り込んだような感覚を味わうことができます。

アモイ高へ上がる

アルプス山脈の旅のハイライトの一つは、上アモーガウ村を訪れ、壁画を楽しむことです。上アモーガウ村は、ドイツ南部のシュヴァルツヴァルト地域のアルプス山脈の麓に位置し、散策に値する小さな町です。