ハイファのマイナーな観光スポットに行こう。

フレンドリストの同じような目的地にうんざりしていませんか?違う旅行に行きたいですか?文化と歴史が沈降したハイファを知りたくありませんか!

ハイファ

ハイファは地中海に面しており、イスラエル最大の港であり、北部の観光拠点と主要な工業都市であり、人口は約20万人です。ここには自然資源が豊富で、また、イスラエルの歴史上の紛争や変革が沈着しています。文化的で異国情緒溢れる旅行をしたいなら、ここが最適です!

ルイ・プロムナード

バハイ庭園の下を散策するロングコロニアルウォークにある展望スポットで、ハイファ市のパノラマと湾岸の景色を楽しむことができます。昼も夜も魅力的です!
Ben-Gurion Boulevardは、歴史的なコミュニティに位置し、かつてはドイツフリーメイソン会員が1868年に購入した土地で、計画農業を主題としたコミュニティの建設を目的としていました。当時のドイツ風建築は20世紀後半まで保存されています。今日、この通りは観光客の名所となり、多くのカフェや観光スポットがあります。建築に関しては、Havana Plus、Milagro、Isabellなどがおすすめです。また、ハイファ市の歴史博物館や観光センターもこの地域に位置しています。

イスラエル海軍博物館

この博物館では、20世紀30年代から40年代にかけてのシオニストたちがイギリスの封鎖下にあったパレスチナに「不法侵入」しようとした歴史が展示されています。見るに値するものです。重要な展示品は、Af-al-pi-chenと呼ばれる船で、1947年に434人の難民を乗せてパレスチナ地域に到着した船で、移民の歴史においてノアの方舟に匹敵する船です。