アンデルセン童話のストーリーの中でシーンを追求する

この記事では、コペンハーゲンにあるアンデルセン(Hans Christian Andersen)に関連する場所や観光スポットについて紹介しています。 以下は各スポットの要約です:

アンデルセンの生家博物館

この博物館では、アンデルセンの人生像を見ることができます。生涯にわたる経験や感情の生活、作品の原稿、旅行記録などが展示されています。博物館には18の展示室があり、最初の12室はアンデルセンの生涯と作品を時系列で展示しています。これらの展示では、多くのアンデルセンの作品の原稿、手紙、スケッチ、デンマークの芸術家によるアンデルセンの生活を描いた絵画や彫刻作品が展示されています。また、13番目から18番目の展示室には図書館や音声・映像再生室があり、イヤホンをつけてアンデルセンの童話を聞くことができます。これらの空間では、アンデルセンの世界が目の前に広がります。

リトル・マーメイドのように

デンマークのコペンハーゲン市中心の長堤公園の東側にある、世界的に有名な人魚の像があります。この銅像は、アンデルセン童話「海の娘」に基づいて彫刻され、デンマークの彫刻家によって制作されました。人魚像は1913年に長堤公園に立てられ、百年以上の歴史があり、コペンハーゲンの象徴的な観光スポットとなっています。 人魚像の高さはわずか1.5メートルで、10代の子供と同じくらいの身長です。遠くから見ると、この半人半魚の美しい人魚が巨大な岩の上に静かに座っているのが見え、静かで優雅に思われます。しかし、近づいてみると、彼女の表情は悲しみの表情を浮かべており、内面的な苦しみを抱えているようです。観光客は人魚像の表情特徴を細かく観察することができます。 この美しい像は何度か盗難に遭い、頭部が切り落とされたことがあります。そのため、今見られる人魚像の頭部は後から追加されたもので、元々の頭部ではありません。観光客による破壊を防ぐため、地元政府は2006年3月に人魚像を海の深い場所に移動させました。現在、観光客は長堤公園の海辺にある柵の外から海中の人魚像を眺め、柵越しに写真を撮ることができます。しかし、この場所には多くの観光客が集まってくるため、撮影する際には安全に注意する必要があります。

アンデルセン像

デンマークの首都コペンハーゲンでは、人々はよくリトルマーメイドの銅像を見に行きます。また、コペンハーゲン市庁舎の隣の角には、スーツとフロックコートを着た銅像があります。彼は有名な童話作家のアンデルセンであり、『人魚姫』(リトルマーメイドの物語)の作者でもあります。アンデルセンは1805年にデンマークで生まれ、『人魚姫』、『マッチ売りの少女』、『みにくいアヒルの子』など、150以上の不朽の童話を創作しました。彼は世界中の何百万人もの子供たちに美しい幼少期を紡ぎ、 "現代童話の父"と尊称されています。 この約3mの高さの銅像は、にぎやかな通りのそばにたちます。アンデルセンはスーツとフロックコートを着て、帽子をかぶっていて、微笑んでいて、左に顔を上げて空を見上げています。銅像の後ろにはコペンハーゲン市庁舎があり、道路の向かい側にはTivoli公園があります。毎日多くの通り過ぎる観光客が、この大師の顔を見上げたり、銅像と一緒に写真を撮ったりしています。

アンデルセンのおとぎ話の家

市役所広場の近くには、アンデルセン童話の家を見つけることができます。これは、非常に忠実に再現された童話のシーンで、とても生き生きとして面白く、親子で遊ぶのに最適な場所です。ここでは、丑小鳥や勇敢な錫の兵隊、新しい服を着た皇帝など、再現された童話のシーンを鑑賞することができます。優れた照明効果で非常にリアルな印象を受けます。また、英語、ドイツ語、デンマーク語の3つの言語で録音されたアンデルセン童話の紹介や、アンデルセンの手書き原稿を見学することもできます。

コペンハーゲン運河クルーズ

コペンハーゲン運河は、市内を縦横に貫く蛇行する運河であり、各曲がり角には異なる市の海辺の景色が楽しめます。正式名称はコペンハーゲン新港運河で、1669年から1673年に建設され、海水を王宮広場に直接導入しています。運河の両岸には、歴史的な建物がまだ残っていますが、現在は歩行者天国に変わっており、たくさんの美しいレストランがあります。観光船の下層のホールに座ったり、デッキを散歩したりして、景色を楽しむことができます。運河は曲がりくねってコペンハーゲンを貫き、曲がるたびに異なる海岸の景色が見られます。

アンデルセン記念公園(アシステンス・キルケゴール)

ここはアンデルセンの静かな地です。アンデルセンの墓地は小さくて美しく、特にアンデルセンの墓地が示されています。墓石を通じて彼の生涯を知ることができます。