コペンハーゲンの夢のような童話の世界に入ります。

コペンハーゲンは夢のような童話の世界であり、驚くべき建築物や魅力的な観光スポットが満載です。この記事では、必見のスポットであるアメリエンボー城、ローゼンボー城、トヴィリ公園、クリスチャンボー城、フレドリク教会、ゲフィオン噴水、フリータウン・クリスチャニア、コペンハーゲン運河、リトルマーメイド像について紹介しています。アメリエンボー城はデンマーク王室の居所であり、ローゼンボー城はおとぎ話のような宮殿であり、トヴィリ公園は都市型のテーマパークで様々な娯楽施設を提供しています。クリスチャンボー城はデンマークの議会ビルであり、フレドリク教会は巨大なドームと荘厳な雰囲気で観光客を魅了しています。ゲフィオン噴水とリトルマーメイド像はコペンハーゲンの象徴的な観光スポットで、北欧神話の魅力を体感できます。コペンハーゲンの真の魅力は独特なおとぎ話の雰囲気と多彩な景観にあり、人々を魅了し続けています。

アメリンブルク宮殿

アーメリンブルグは、デンマーク王室の宮殿であり、居住地でもあります。1794年、クリスチャン7世の在位中に、クリスチャンスボー城が大火災に見舞われ、王室のメンバーはアーメリンブルグに避難することを余儀なくされました。その後、フレデリク5世はバロック様式からロココ様式に改築し、アーメリンブルグは4つの貴族の邸宅から壮大で華麗な宮殿へと変貌を遂げました。王に敬意を表して、アーメリンブルグ宮殿八角広場の中央にはフレデリク5世の馬に跨る像が建てられています。 この4つの歴史ある建物は、1754年に建設されたクリスチャン7世宮殿(現在は王室が接客に使用)、クリスチャン8世宮殿、1758年に完成したクリスチャン9世宮殿、そしてイングリット女王が居住していたフレデリク8世宮殿です。 クリスチャン8世宮殿は、1994年に一般公開され、1947年以前に王室が使用したアイテムが展示されています。デンマーク女王が宮殿内にいると、国旗が屋根の上に掲げられるため、女王が宮殿内にいることがわかります。女王が望遠鏡を持って広場の人々をこっそり観察しているかもしれません。 王室楽団は、午前11時半に宮殿を出発し、旧市街を通って宮殿に戻り、広場で交代式を行います。このユニークなイベントはとても特別で、見逃さないようにしてください。

ローズ・バーグ

ローゼンボー宮殿(Rosenborg Slot)は、コペンハーゲンの象徴的建築物の一つで、別名ローズ宮とも呼ばれています。1634年にフレゼリク4世の夏の別荘として建てられました。宮殿は、オランダのルネサンス様式のデザインを採用しており、青銅の軒と赤レンガの壁が特徴です。フレゼリク城が完成する前まで、前の3代の国王がここに住んでいました。 1883年から、ローゼンボー宮殿は歴代の国王の宝物庫となり、多くの装飾品、豪華な衣服、絵画、陶器などが展示されています。ここでは、壮観な大理石の天井、価値のあるオランダのタペストリー、純銀で作られたライオン像、そして貴重な純金の器具を鑑賞することができます。さらに、デンマークの王冠も宮殿の地下に保存されています。

ク・フォリ・パーク

クリスチャンスボー公園は、美しく精巧な市民公園であり、モール式のドームと円形アーチ橋を備えています。特に夜には特に美しく見えます。1843年に克リスチャン8世の大臣ジョージ・キャステンセンが主催し、多様な芸術スタイルを融合した遊園地を建設するアイデアを思いつきました。 クリスチャンスボー公園は、中央駅に隣接して約8万5千平方メートルの広さを有しています。ジェットコースターや回転木馬などの基本的な遊具の他、ここには童話劇場、音楽ホール、屋外ステージなどが設置されています。さらに、公園内には30以上のレストランがあり、水曜日と土曜日の夜11時45分に花火ショーが開催されます。 クリスチャンスボー庭園は、コペンハーゲンに夢の世界を加えました。この魅力的な場所で、あなたは喜びを見つけることを願っています。

クリスティアンスボー宮殿

クリスチャンスボー宮殿は、11世紀末に建てられたアッシブローン司教の建物がその前身です。しかし、クリスキャン6世は豪華で贅沢なものを求め、古い王宮を取り壊し、その場所に豪華で快適で壮大な新しい宮殿である現在のクリスチャンスボー宮殿を建てることを決めました。 現在、この宮殿は国王の住居にとどまらず、デンマーク議会の所在地となり、コペンハーゲン議会ビルとも呼ばれています。デンマーク法院、デンマーク首相事務所、デンマーク議会ビルを収容しています。また、デンマーク王室の受付所もここにあります。 この宮殿は、ある意味でデンマークの最高権力を象徴しており、行政、司法、立法の3つの国家機関を網羅している世界でも珍しい建物の一つです。 クリスチャンスボー宮殿は、2度の大火を経験し、常に再建や改装が続けられてきましたが、現在に至るまで保存されています。そのため、建築スタイルは混合されたものとなっています。1928年に改築された主体建築は新バロック様式を採用しており、1826年の教会部分は新古典主義様式が残されています。宮殿前の広場は約1738年に建てられ、濃厚なバロックの雰囲気を漂わせています。

フィリップ大聖堂

フレデリク教会は、デンマークで最大のドーム教会であり、デンマークとノルウェー産の大理石を広く使用しているため、地元の人々から「大理石教会」と親しみを込めて呼ばれています。 大理石教会は、コペンハーゲン市の王宮広場の向かい側にあり、アムトボー城と隣り合っています。教会に入ると、30メートルの直径を持つ巨大なドームに圧倒されるでしょう。ドームには、イエスの12使徒の絵が描かれています。教会の内装や絵画は荘厳で重厚であり、人々を小さく感じさせる存在です。宗教の永遠で荘厳で神聖な美を感じながら、息を呑んで静かに楽しむことができます。 今では、教会は現代の都市教会として、毎日一般に公開されています。また、多くの新郎新婦が結婚式を挙げる理想的な場所でもあります。

ガイフォン噴水

コペンハーゲン市のランゲリニエット公園には、有名な人魚の像に加えて、北欧神話の歴史を紹介する「ゲフィオン噴水」があります。ゲフィオン噴水は、ゲフィオン女神、4頭の牛、そして農具で構成された銅像の群れです。ゲフィオン女神は、北欧神話の重要なキャラクターであり、この彫像群は、女神とコペンハーゲンがあるゼーラント島との関係を語っています。女神は、1日ですべての土地を耕作するように命じられ、この任務を完了するために、彼女は自分の4人の息子を4頭の雄牛に変えました。最終的に、彼女は1日でゼーラント島のすべての土地を耕し、ゼーラント島を自分の領地にしました。

クリスチャンスタッド自由都市

自由の都市はコペンハーゲン市の中心部に位置し、自治区と自称する特別な地域であり、アナキズムを主張するコミュニティです。ここは非常に個性的で、古くてぼろい建物があり、グラフィティで飾られており、コペンハーゲン全体のスタイルとは少し調和しない。しかし、これが他と異なる点であり、多くの人々が訪れる魅力の源です。

コペンハーゲン運河クルーズ

コペンハーゲン運河は正式名称がコペンハーゲンニューポート運河であり、1669年から1673年にかけて建設された人工運河です。この運河は王立広場まで海水を直接導入します。現在でも運河の両岸に、当時建てられた建物が残っていますが、岸辺は歩行者天国に改装され、沢山の素敵なレストランがあります。運河クルーズの下層階に座るか、デッキを散歩しながら街の美しさを楽しむことができます。コペンハーゲン運河は市内を蛇行し、曲がり角ごとに異なる海辺の景色を楽しめます。

人魚姫のように

人魚像はデンマークのコペンハーゲン市中心の長堤公園にあり、アンデルセン童話「人魚姫」に基づいて制作されました。この銅像は1913年に建てられ、長堤公園内に100年以上立っており、世界的に有名な象徴的な像となっており、数多くの観光客を魅了しています。 人魚像の高さはわずか1.5メートルで、10代の子供の身長に相当します。遠くから見ると、人魚の美しい美女が巨大な岩の上に座り、穏やかで優雅であり、自由に感じられます。しかし、もう少し近くに行くと、美人魚は憂鬱な少女であり、その表情は人々を深く考えさせる特徴があります。 この美しい彫像は何度も泥棒に盗まれ、頭部が切り取られてしまう被害にあいました。そのため、今見られる人魚像の頭部は後の修復であり、元の頭部ではありません。多くの観光客から像を保護するため、地元政府は2006年3月に人魚像を海底に移動させました。今では、長堤公園では、訪問者は囲いの外から海の中の人魚像を見ることができ、囲いの外で記念写真を撮ることができます。囲いの外の観光客が多いため、写真を撮る際は注意が必要です。

クリスチャンスボー城

宮殿はスロッツホルメン島にあり、デンマーク議会、最高裁判所、首相府が置かれています。一部は王室家族の活動にも使われています。見学できる場所には王室接待室、城の遺跡、王室厩舎、城の教会、劇場博物館などがあります。また、観光客は城の尖塔に無料で登ることができますが、デンマーク議会の見学は事前に案内ガイドを予約する必要があります。