千年を越える建築の旅程

ドイツの建築の歴史は、ヨーロッパ建築史の縮図として知られています。いくつかの建物が破壊されたりしたにも関わらず、ドイツ人の徹底的な復元作業により、それらは輝かしい外観で再建され、建築史において欠かせない存在となりました。建物を鑑賞することは、観光地での休息のようなものであり、私たちは楽しい気持ちを得ることができます。建築美学は視覚的な洞察力が非常に直接的であり、それぞれのスタイルには特徴があり、建築史上独自の存在です。さあ、一緒に異なる建築の美しさを探求しましょう!

シュパイア大聖堂 Dom zu Speyer

スピルベルク大聖堂は、現存する中で最も壮大な古代ローマ教会の一つであり、その三つの翼を持つドームは完璧な建築デザインを示し、その後11、12世紀のロマネスク建築の発展に重要な影響を与えました。美しく均衡のとれた建築構造は、その後多くの重要な教会建築の模範となりました。地下墓室は今も完璧に保存され、ヨーロッパで最も壮大なロマネスク柱廊の一つであり、時代の精神の精髄を示し、観光スポットとして見逃せない名所となっています。

ケルン大聖堂

有名なゴシック様式の教会で、高さ157メートルの尖塔は古代教会建築の中でもヨーロッパ最高のものであり、ケルン市のシンボル的な建物の1つでもあります。ケルン大聖堂には、豪華な内装や建築構造があり、多くのゴシック、ルネサンス、バロック様式の絵画、古代教会の宝物など、貴重な美術品が収蔵されています。特筆すべきは、ケルン大聖堂には、キリストの受難の際に着用されたとされる衣服が収蔵されていることです。その独特な建築スタイルと貴重なコレクションにより、毎年多くの観光客が訪れ、ケルン大聖堂の壮大な雰囲気と歴史的魅力を楽しんでいます。

ツヴィンガー宮殿

ツウィンゲル宮殿は、1709年に建てられ、オーガスタ時代の力強い建築を代表する、世界的に有名なバロック様式の建築物です。この建物の装飾は、彫刻家による比類のない作品でいっぱいであり、今でもドレスデンで最も重要な名所の1つです。内部の武器宝物館、陶磁器コレクション、ツェンバー画廊も同様に魅力的であり、そのうちの陶磁器コレクションは世界でも最大の陶磁器館の1つです。芸術愛好家や歴史文化を愛する旅行者であっても、ツウィンゲル宮殿は見逃せない観光スポットです。

無憂宮シュロス・ザンスウーシ

無憂宮は1744年に建てられ、プロイセン王フリードリッヒ大王がドイツ・ポツダムで「砂漠の山」を開拓し、ブドウを収穫した後に建てられた宮殿です。この「小屋」は雄大な外観と、内部の華麗な装飾で、洛可可様式の豪華なスタイルを象徴しています。無憂宮の庭園は、観光客のリゾート地であり、噴水、池、像、亭や楼閣など多くの美しい景色があり、観光客に訪れて欲しい場所です。注目すべきは、四季折々の無憂宮の庭園では、季節ごとに異なる景色が見られ、魅了されます。

ベルリン大聖堂 Berliner Dom

ベルリン大聖堂は、シュプレー島の北部に位置する巨大な教会であり、ベルリンで最大の教会の一つです。毎年、数万人の観光客がこの重要な観光地を訪れています。この壮大な大聖堂は、バロック様式とイタリアのルネサンス期のデザインを採用し、その輝かしい歴史と業績を示しています。大聖堂には、忘れられないドームや洗礼堂、王室の階段、ホーエンゾレンの墓穴など、訪れる価値のある場所が多くあります。また、教会博物館やベルリンの全景が見渡せるドーム廊下もあり、非常に感動的です。

ニューエス・ミュージアム

フリードリヒ・アウグスト・シュトラーによって1855年に設計され建設された新博物館は、新古典主義建築の傑作です。しかし、第二次世界大戦中、新博物館は重度の被害を受けました。原有建築の物質的および形式的特徴を保存するため、建築家は現代的な要素を取り入れました。したがって、観客は多くの元の建築の残骸を見ることができます。新博物館は、18本のギリシャイオニア式列柱から成る壮大なポルチコを持つ新古典主義建築の傑作として知られており、中央ホールはローマの万神殿の設計を模倣しています。外観および内部設計の両面から、まるで博物館の収蔵品のように、新博物館の建築的壮大さと歴史的価値に感服させられます。