インカ文明と荒々しい自然景観の中で、ペルーの魅力を味わってください。

Lonely Planetが発表した「2019年の最高の旅行先」には、南アメリカから4つの場所が選ばれています。その中に、ペルー北部も含まれています。現在、南アメリカでは春と夏の交差期であり、旅行には最適な時期となっています。この熱狂的な土地を訪れる時が来たのです。

マチュピチュ

983年に世界遺産リストに登録されたマチュピチュは、 ビルカバンバ山脈の雲霧の森の中にあり、周辺の整然とした棚田は自然と調和した人間の存在を印象付けます。最も有名なのは太陽神殿で、毎年冬至には式典が行われます。

コルカ大峡谷

自然、歴史、そしてアドベンチャーを融合させた、カヌー、登山、サイクリング、ハイキング、乗馬などの数々のスリリングなアウトドアスポーツはすべて体験する価値があります。大峡谷沿いの小さな町には、藁で覆われた石造りの家やバロック様式の教会もあります。

マヌ国立公園

「真」は何千種類の動植物を収容することができます!その生物多様性のため、1987年に世界自然遺産になりました。自然の種に興味がある人は、ここに来て驚きの連続を体験することができます。

リマ

リマはペルーの首都であり、植民地時代のヨーロッパ風建築と沿岸の海岸線、古代の遺跡と新しく興隆している芸術がその特徴です。また、美食の楽園でもあり、2018年の「世界50ベストレストラン」のトップ10にはリマのレストランが2つ含まれています!

ペルー北部

LPのリストに推薦されたペルー北部は、南米の新しい旅行先の一つとして急速に注目されています。古代の文化と野生の風景を持つところです。2019年にはますます多くの旅行者が注目することでしょう。特徴は遺跡、山岳、大草原、バードウォッチングです。利マの首都からペルー北部への航空便も増えています。