リヨンの壁画ツアー

リヨンはフランスの第3の都市であり、また美食の都として知られ、ローヌ・アルプ地方の中心都市でもあります。リヨンを訪れる旅行者は美しい景観を楽しんだり、美食やワインを味わったり、博物館や広場を訪れたりするだけでなく、リヨンの壁画も見逃せません。これらの壁画には、リヨンの歴史的人物や未来の都市の幻想、小説のストーリー、リヨン人の生活のひとコマなどが含まれており、芸術、生活、歴史、文化などの美しい結晶となっています。これらの壁画は、じっくりと楽しむに値するものです。

リヨンの壁画

リヨンのショーヌ川とローヌ川に挟まれた半島の西側に位置し、サン・ヴィンセン出入り口に近い「Fresque des Lyonnais」は、リヨンでもっとも有名な壁画の一つです。この巨大な壁画は7階建てであり、リヨンの壁画の中でも特にユニークなものです。壁画には、リヨンの有名人、例えばパペットのジョヴァンニ、織機の発明者であるジョゼフ・マリー・ジャカール、そしてブロンドの小さな王子などが描かれています。特に魅力的なのは、壁画の最下層に描かれた六人の一般市民の姿で、リヨンの人々の日常生活が表現されています。向かい側から立って、この芸術作品をじっくりと鑑賞し、自分自身が壁画の中に入り込み、物語の主人公になることを想像することができます。

織物工の壁

リヨンのクロワ・ルージュ地区にあるル・ムール・デ・カヌとは、非常にリアルな織工の壁画で、階段部分は非常に生き生きとしており、落差を実感することができます。壁画は約1,200平方メートルの面積を持ち、ヨーロッパ最大の壁画の一つであり、その名前はかつて数多くの困難な仕事をした織工たちを適切に称えています。クロワ・ルージュ地区は現在の姿とは異なっていますが、多くの人々がまだここに来て、かつての織工業の歴史的な痕跡を求めています。

駅のシリーズ壁画

La Fresque du Centenaireは、駅の壁画の一組で、フランス語でCentenaireは「100年」を意味します。それはJean-Macé駅の近くにあり、Berthelot大通りの鉄道橋の支柱の壁に沿っています。これらの壁画は、ローヌ川左岸の物語を語っているため、「ローヌ川左岸の壁画」と呼ばれることもあります。この目的地はリヨンの光の壁画に近く、Jean-Macé駅で降りるだけで到着できます。

トニー・ガルニエ美術館

リヨンにあるMusée Urbain Tony Garnierは、非常に特別な博物館です。これは、室内ではなく、屋外の博物館です。博物館は、数多くの住宅の壁に大きな壁画を展示し、トニー・ガルニエが提唱するユートピアデザインに関する理念を表現しています。これらの壁画は非常に大きく、都市の中で展示されることができるとは想像もつきません。これらの壁画から、トニー・ガルニエのデザイン思想である人道主義的な都市の発展が見られます。そのため、この博物館は、すべての建築家、デザイナー、都市計画家にとって必見の場所であり、ユートピア構想に興味を持つ人々にとって特別なおすすめです。