その紫色の花海を探す。

ラベンダーはロマンチックな紫色を放ち、人々を魅了します。ラベンダーを語ると、私たちは常にフランスのプロヴァンスを思い浮かべます。そこは有名なラベンダーの聖地です。そしてプロヴァンス地域には、神秘的な場所があります。それがヴァランソレで、ここには最も多くのラベンダー畑があります。見事な紫色の花畑が丘や野原に広がり、自然の神秘性に感嘆します。ヴァランソレ以外にも、紫色の花畑を楽しめる場所があります。以下で紫色の浪漫的な美しさを感じましょう!

ヴァランソール(Valensole)

ヴァランソレはプロヴァンス高原に位置し、四季晴れやかで、最も代表的なプロヴァンスの小さな町の一つです。ここはラベンダー畑を観賞するための最高の場所の一つでもあります。町の周りには多くのプロのラベンダー加工場があり、最も自然で単純な方法でラベンダー精油を抽出し、ラベンダーのお茶、ハチミツ、小さな枕などのさまざまなラベンダー製品を作っています。ヴァランソレからDgineまでのD8ハイウェイに沿って、大きなラベンダー畑と南仏最大の向日葵畑が見られます。さらに、道中には四月の菜の花、五月の野ウスユキソウ(別名ポピー)、六月の桜の木、七月のラベンダーと向日葵など、異なる季節に美しい景色が見られます。

セネック修道院

修道院は山中に位置し、周囲は茂みに囲まれており、建築のスタイルはユニークで鮮やかな色合いです。それはプロヴァンス地方で最も代表的な建築物の一つで、「天国の間」と称されています。その理由は、静かで神秘的な谷間に位置しており、多くの人々から「神の王国」と形容されています。周囲の景色も非常に壮大で、何百年もの歴史を持つオリーブやアプリコットの木々、曲がりくねった小道や美しい庭園、そして夏にはさまざまな花が咲き乱れ、心が躍ります。セネンク修道院の前のラベンダー畑は、プロヴァンス地方で最も有名な観光名所の一つであり、その美しい景色は多くのはがきにも登場しています。切手や紙幣に印刷されているような景色と同様に、ここでの景色も見逃せないバケーション体験です。

Saultスー市

ソース村(Sault)は、ヨーロッパ最大のラベンダー生産地の1つであり、「ラベンダーの首都」と称されています。この小さな町は標高約400メートルに位置し、わずか1,000人の人口があり、目の前にはラベンダーの花畑が広がっています。非常に静かではありますが、中世の小道や美しい古いショーウィンドウなど、歴史的文化に満ちた雰囲気を持っています。毎年8月15日には、地元で盛大なラベンダー祭りも開催され、ロマンチックな視覚の饗宴を堪能することができます。ラベンダーの花畑の最盛期である6〜7月を逃してしまっても、8月のソース村はまだロマンチックな願望を実現することができます!

アヴィニョン

アヴィニオンはローマ時代に建てられ、現在は南フランスの観光地です。アヴィニオンはソショネ村やヴァランソレからもとても近く、ラベンダーツアーの途中での滞在に非常に適しています。アヴィニオンにはラベンダー博物館があり、田園風景を楽しむ前に関連知識を学ぶことができます。旅行をより充実させるために、ぜひ訪れてみてください。毎年7月には、アヴィニオンでフランス演劇祭が開催され、街全体が大きな舞台になります。この国際的な祭りに参加する機会があれば、貴重な体験になるでしょう。