新幹線「かもめ」に乗って、西九州鉄道の旅を始めます。

自然の美しさを楽しんだり、唐風の古建築を訪れたり、美味しい日本料理を味わったりするだけでなく、JRの鉄道を利用することで、あなたの旅には豊富な楽しみが加わります。日本のJR鉄道網は、人体の血管系のように、各都市をポイントとしてつなぎ合わせ、とても便利です。いつでもどこでも、あなたが選んだJRの路線や列車があなたの旅を彩ります。夢のような旅を一緒に楽しみましょう!

太宰府天満宮

太宰府天满宮は、日本の福岡市にある神社であり、全日本でも最も重要な天満宮の一つでもあります。この神社は、学問の神(天満宮)を祀るために建てられたものであり、日本で現存する最古の天満宮の一つです。日本の歴史において、太宰府天满宮は国家政治、文化、教育の中心の一つでもあったため、日本人の心に重要な地位を占めています。周囲には美しい庭園や歴史的文化遺産もあり、太宰府天满宮の周辺でリラックスしたり、歴史的文化の魅力を堪能することができます。

大浦天主堂

大浦カトリック教会は、日本長崎市にあるカトリック教会であり、日本で最も有名なカトリック教会の一つです。建築様式はユニークであり、ロマン主義様式の建物です。教会の外観は石灰岩などの材料で構築され、淡い黄色の色合いが美しく、特に日光の下でさらに美しく見えます。一方、教会の内部はゴシック建築の要素を取り入れており、全体的な雰囲気は雄大で高い印象です。教会自体の見学だけでなく、周辺の地域を散策し、周辺の美しい景色を楽しむことができ、この歴史的建築が持つ人文精神を感じることができます。

ゴラバ公園

1859年、長崎の対外開放港が始まった後、イギリスの商人カッラバがここに定住した。長崎市はカッラバ氏の歴史的貢献を記念して、彼の邸宅を基礎としてこの庭園を創設し、長崎市内の六つの明治時代の歴史的建造物を移転・復元・修復した。カッラバ庭園が誕生し、庭園内は緑に囲まれ、歩いていると、当時長崎に住んでいた外国人商人の日常生活を感じることができる。庭園内には西洋風の建物が散りばめられ、壁には緑の植物や色とりどりの花が這っており、19世紀後半の西欧風情の中に没頭することができる。

ツル茶庵

鶴茶屋は、京都市東山区にある日本茶道文化の代表的な店の一つで、床式茶室は、鶴茶屋の茶道文化の象徴であり、木の扉と石の壁でできた独特な茶室建築であり、庭で客が一人ひとり着席してから茶室に入る。床式茶室のデザインのコンセプトは、伝統的なプライベートスペースを作り出し、来客に日本の茶道文化を存分に体験していただくことです。孫中山先生も長崎を訪れるたびにこの地を訪れたと伝えられています。現在、かつて「東洋日出新聞」があった場所に、「孫文先生を記念する歴史的なランドマーク」と書かれた石碑が建っています。とても記念に残る場所です!

嬉野温泉のティーツーリズム

九州に位置する宮崎県の宮崎市には、歴史ある嬉野温泉があります。嬉野川沿いには50以上の有名な旅館があります。泉質は微量元素の炭水化物カリウムを含み、肌に良い美肌効果があります。温泉水に入ると、肌が潤い、柔らかくなります。また、嬉野温泉の特産品である「温泉湯豆腐」は江戸時代から伝わる名物料理です。嬉野温泉水で作られた湯豆腐には、豆腐のタンパク質が温泉水に完全に溶け込み、豆乳色の濃厚なスープと一緒に食べると、美味しさが倍増します。微妙な感覚を体験してみましょう。