韓国の文化遺産はどこで見ることができますか?

韓国は伝統と現代の両方の要素が融合した国です。ロマンチックな韓国ドラマ、美味しいキムチや多数の有名人だけでなく、多くの世界遺産もあります。この記事では、韓国で訪れる価値のある世界遺産を紹介します。

神殿 (shinden)

宗廟は朝鮮歴代の君主や王妃の神位を供養する場所であり、厳かな祭礼や祭礼楽などの古い伝統や習慣が残されています。

仏国寺

佛国寺は新羅文化の核心であり、新羅仏教芸術の代表的な作品でもあり、世界文化遺産に指定されています。1440年、新羅法興王は国家の安定と民衆の安全を維持するために、佛国寺を建造し、多くの修繕を経験しました。多宝塔、釈迦塔、藍雲橋、そして2つの金銅大仏を含む7つの文化財が韓国の国宝に指定されています。1995年、佛国寺と東側にある石窟庵が世界文化遺産に指定されました。

石窟庵

庵内に祀られているのは釈迦牟尼の仏像です。その大きな仏像を下から見上げると神聖な雰囲気を感じます。仏像は東を向いているため、太陽が昇ると日差しが仏像に注がれ、朝日の光に照らされることから、韓国人はこの仏像を「新羅人の微笑み」と呼んでいます。

水原華城 (すいげんかじょう)

この世界遺産は、観光客に朝鮮王朝の歴史を理解する機会を与えています。墓地や防衛施設は、当時の東西の戦争理論の発展を十分に反映しています。

昌徳宮

昌徳宮は、朝鮮時代の宮殿建築の伝統を維持する主要な宮殿であり、その後庭は国王の休息場所であり、300年以上の樹齢を持つ巨木や池、パビリオンなどの設備があります。言うまでもなく、『屋根部屋の王世子』もここでロケーションを撮影しました。

支石墓 (しっせきぼ)

支石墓は、史前時代の石墓の一種であり、英語ではDolmenと呼ばれています。エジプトのピラミッドや英国のストーンヘンジなどの記念碑も石で建てられており、支石墓と似ています。

アントンゴル川回りの村

安東河の郷村は、韓国少数の伝統生活風景を生き生きと表現する場の一つであり、韓国の伝統文化の縮図として高く評価されています。この村の選定と配置は山水に沿った自然な建築様式を完全に表しており、景色は美しいです。さらに、ここにある邸宅、庭園などは、朝鮮時代の貴族階級の生活風景を完璧に表現しています。安東河の郷村は、ユネスコの世界文化遺産登録されており、その貴重性は言うまでもありません。

天馬塚

ここには出土された文化財が11,526点以上あり、中でも天馬図は韓国史上初めて古墳で発見された貴重な絵巻物であり、その価値は計り知れません。