初めてエジプトに行くなら、以下の6つの観光スポットは外せません。 1. ピラミッド 2. スフィンクス 3. カルナック神殿 4. 砂漠サファリ 5. アブシンベル神殿 6. 紀元前14世紀の遺跡都市ルクソール

エジプトについては、誰もがピラミッドの伝説について何かしら知っているかもしれません。実際には、エジプトには見るべき有名な場所がたくさんあります。ここでは、必見の6つの観光地と初めてエジプトを訪れる際に注意すべき点をまとめました。是非ご覧ください!

メンフィスとその墓地のピラミッド

エジプトのピラミッドの中で最も大きく、有名なのは、エジプトの首都カイロ郊外のギザ高地にある三つのピラミッドです。私たちがよく知っているクフ王ピラミッドのほか、残りの二つの名前はハフラ王ピラミッドとメンカウラ王ピラミッドです。これら三つのピラミッドは、大ピラミッドとしても知られています。時間がない場合、ギザのピラミッドを訪れるだけでも十分です。
国王谷はナイル川の西岸に位置し、海岸から約7キロ離れています。観光客はディバビースのアクロポリス北端の環山公路からここに到着することができます。ここには64人のファラオが埋葬されており、60以上の王の墓があり、時間は第17王朝から第20王朝にわたります。最大の墓はシシ・1世の墓で、墓穴は非常に大きく、入り口から最後の墓の室までの水平距離は210メートル、垂直降下は45メートルです。岩の洞穴は地下宮殿に彫刻されており、壁と天井には壮麗な壁画が描かれています。墓の入り口は通常山の半ばにあり、通路の両側の図案や象形文字は今でも非常にはっきりしています。観光客が主に訪れる価値のある墓は、トゥトアンカーメンの墓、ラムセス3世と6世の墓、シシ・1世の墓などです。一部の墓は公開されておらず、学術研究にのみ利用されています。
ルクソール北部、5キロメートルに位置するカルナック神殿は、古代エジプト帝国が残した最も壮大な神殿の1つであり、30ヘクタール以上の敷地面積を持ち、完全に保存された部分だけでもかなりの面積を占めています。この神殿には3つの部分があり、アモン神を祀るアモン神殿、アモンの妻である戦争女神ムトを祀る神殿、そしてムト神殿の両側にはライオンの頭を持つ人像が敷き詰められた廊下があり、ルクソール神殿へと直接続いています。全体の構造には20以上の大小の寺院があり、内部で最も目を引くのは、高さ44メートル、幅131メートルの巨大な門と、幅102メートル、深さ53メートルの大きな柱廊です。この柱廊には134本の巨大な石柱があり、そのうち最も大きな12本の高さは23メートル、周囲は15メートルで、50人が立てるほどの大きさで、荘厳で心を震わせます。夜は、観光客はサウンド&ライトショーを楽しむことができ、カラフルなライトが神殿の遺跡を照らし、解説と音楽と共に古代エジプトの人々の生活情景に深く理解できます。

紅海

紅海でスキューバダイビングをする場合、おすすめの3つの小島があります。それはジフトン島、パラダイス島、Mahyma島です。小島の海水は非常に透明で、太陽の光の下で緑や青に輝きます。スキューバダイビングをすると、色鮮やかなサンゴや小魚を見ることができます。スキューバダイビングをする場合、ツアーを選ぶのが最適です。ダイビング装備だけでなく、専用車による送迎も提供されます。

黒白砂漠

カイロから出発して、高速道路を通り、水晶鉱山を通って、乱舞する砂嵐を伴いながら、見渡す限りの広野にそびえ立つ黒い砂山、雪原のような白い砂、風食によって形成された白いキノコ岩が共に奇妙な景色を作り出しています。エジプトに来たら、ブラック&ホワイトサンドデザートでのキャンプは必見です。夕暮れ時にはサンセットを見て、キャンプファイヤーパーティーに参加し、テントの中で輝く星空を見上げると、頭上の空はダイヤモンドでいっぱいに見えて、それは輝かしく、低く、すべてが夢のようでありながら真実に存在しています。

未完成のモノリス

この未完成の方尖碑は40メートル高く、重量1,200トンです。この方尖碑は、碑体が採石場の中で静かに横たわっており、上下左右に1メートル幅の堀が掘られ、山体から分離されています。碑体には書き込みがありませんが、時間の経過により、すでにひびが入っています。これらのひびは私たちに時間の流れを常に思い出させ、この歴史ある地域での長い物語を静かに語りかけています。