アムステルダムで地元民に愛される場所

アムステルダムに来たら、観光客が多い博物館や中心の運河地区では「ロマンチック」や「雰囲気」が見つけにくいかもしれません。2年間アムステルダムに住んでいたクリスティンが、私たちローカルが愛する観光スポットやレストランへ案内します。人気のスポットから離れ、のんびりとした時間を過ごしながら、アムステルダムの文化や歴史を知ることができます。

ヴァン・ロン美術館

博物館の裏には、小さな展示会が頻繁に開かれます。さらに、3つのテーブルしかないカフェもあり、van Loon家の庭園を楽しみながらコーヒーを飲むことができます。ここで最も素晴らしいのは、ほとんど誰もいないことです。このオランダの歴史的なランドマークについては、ほとんどの観光客には知られていません。カップルがプライベートな時間を楽しむのに最適な場所です。

コーヒー&ココナッツ

旧劇場の改装されたレストランで、3階建てで、LOFTスタイルがとても特徴的です。アムステルダムの若者たちの人気のあるレストランの一つです。注文するものは安心してすべて美味しいです。Warung CTをお勧めします。ココナッツミルク味が十分に染みており、ちょうどよい辛さでとても爽やかです。デザートでは、Chilly spiced chocolate quesadillasがお気に入りです。濃厚なチョコレート味の薄いクレープですが、不思議なことに唐辛子とチョコレートがこんなに良く合うのです。注意すべき点は、私が最も好きなこれらの料理は、17:00以降の夕食時にしか提供されないことです。

デ・フードホールン

ハイライトは、フードコートスタイルのレストランで、数十のウィンドウに各国の料理があります。強くお勧めしたいのは、左側の角のMAZAという中東料理のウィンドウです。フラファルの揚げ物(フィリングは完全なベジタリアンですが、肉食家としても強くお勧めします)。また、ドア横にある右側には、ホットドッグを売っている店があります。ホットドッグは直接焼いて、パンは柔らかく、外側はパリパリしたドイツの塩パンプレッツェルバゲットです。食事の時間帯には人が多いので、食事の前に行くことをお勧めします。

アムステルダム駅2番のプラットホーム

アムステルダム市内から電車に乗る前に、2番ホームにあるレストランを見逃さないでください。座って何か飲み物を飲みながら周りを見てください。天井のデザインに注意してください。同じプラットフォームには、ロイヤルウェイティングルーム(Koningklijk Wachtruimte)もあります。もちろん、この場所は1年に一度(毎年9月のアムステルダムの文化遺産の開放日Amsterdam Openmonumentendag)のみ一般公開され、予約が必要です。