チューリッヒの必見ショッピングエリア

チューリッヒは大きくありませんが、そこには贅沢品や高級時計、チョコレート、ナイフなどありとあらゆるものが揃っています。ほとんどの人は徒歩圏内でお気に入りの商品を買うことができます。チューリッヒで行く価値のあるショッピングエリアは何ですか?

バーンホフ通り

チューリッヒのバーンホフ大通りは、ヨーロッパで最も長いショッピングストリートであり、ニューヨークのフィフス・アベニューと肩を並べる、世界で最も高価なショッピングストリートの一つです。バーンホフ大通りは、1867年に旧市街の城壁を改築して作られ、チューリッヒ旧市街に位置しています。全長1.4キロメートルで、チューリッヒ中央駅の前から始まり、リンマト川の左岸にある商業中心地を通って、ブリンクリ広場に達するまで、リンマト川にほぼ平行になっています。高級ブランド店、ファッション店、銀行、他にもブティックブランド店、高級時計や宝石のデザイン、骨董店、百貨店などが連なっています。通りの両側には椴木が植えられ、空気の質を保つために自動車は通行禁止で、路面電車が運行しています。

シュトルヒェンガッセ

ショフハウゼン通りはチューリッヒ旧市街に位置し、リマト川に平行しており、バーンホフ通りからも近いです。この通りは、バーンホフ通りに次ぐ精品ショッピングエリアで、様々な高級ブランドのブティックやファッションブランド、ハイエンドブランドがあり、スイスの刺繍やレースの装飾品、ハンカチなどの工芸品も手に入ります。

ニーダードルフ通り

ニーデルドルフは駅から近い小道で、古い街の中で最も有名な通りの1つで、石畳で舗装されており、多くの歴史的な古い家があり、また多くのファッショナブルな若者を魅了しています。通りには、主にさまざまなレストラン、バー、カフェがあり、またジグザグに隠れた多くの宝石店、ギフトショップ、書店などもあります。地元の労働者たちは昼食時にここに来て、非常に賑やかです。

ラングシュトラーセ

長い道路がチューリッヒ中央駅を横断しています。この道路には、多くのレストランや小さな酒場があり、外国人に非常に人気があり、住民の42%が外国人です。チューリッヒで最も多様な地域です。ここでは、毎年カーニバルや芸術祭が開催されます。夏の7月と8月には、野外映画館があります。地元ブランドやマイナーブランドの商品が主流で、異国情緒のあるストリートエリアが好きで、価格が手頃でユニークな商品を探している方にはお勧めです。

ルーエンシュトラッセ

ルゥヴェン通りは、チューリッヒで最も古いユダヤ教のSynagogeがあるため、スイス最大のユダヤ社会となっています。ここを訪れる観光客は、現地の習慣文化を尊重するように心がけてください。スイスのローカルブランドがたくさんあり、大型百貨店GLOBUSやJelmoliもあります。