厦門をめぐって、8つの人気のスポットを巡り、老舗のネットスター都市の庶民的な雰囲気とロマンチックな雰囲気を感じてください。

厦门は、観光業界での最初のインターネットセレブリティの一人として、人々の評価では分かれる傾向にあります。浪漫で現代的でありながら、市井の雰囲気を失わないと考える人もいれば、彼はあまりにもインターネットセレブリティであると考え、商業化が進み、名前に反していると考える人もいます。しかし、他人の評価に完全に従う必要はありません。自分の足取りに合わせて、自分の好みに従って、この町で探索する価値のある場所を見つけるだけで良いのです。

厦門植物園:「インスタ映えするスポット」

厦门植物園(廈門萬石植物園)は、近年厦門で最も人気のある観光スポットの一つで、砂漠にある多くの多肉植物、熱帯樹木、サボテンなどがあり、この科学普及を目的とした植物園が旅行の祭典で大人気のインターネットスターになってます。厦門植物園には、雨林世界、多肉植物区、南洋杉草坪の3つの興味深い場所があります。

八市:「どの都市にもある古い市場」

八市は厦門のシーフード集散地であり、数多くの人々の思い出を背負っています。多くの観光客がここを訪れ、厦門のシーフード市場を体験しますが、八市の周りにはシーフード以外のおいしいものもあります(地元民向けの軽食が多いです)。朝食を食べていない方はここでお試しください。

さかね尾:「過去と未来の交差点」

沙坡尾は厦門港の起源の地であり、清代から避風港として使用されてきました。しかし、時代の発展に伴い、沙坡尾はその機能を失い、徐々に創意街区に改造されてきました。

猫のいない猫ストリート。

厦门には、近代の南洋華僑屋敷や洋行が集中し、多くの異国の血筋猫が連れて来られました。海島型の地理的特徴から、様々な猫が棲息繁殖することができ、数や生物形態の面で国内でもトップクラスとなっています。最近の観光ブームとともに、厦門は全国でもっとも猫文化が豊かな都市になり、猫文化は厦門特有の地域的特徴として確立されつつあります。春猫1931という、猫博物館を名乗る店が落ち着いたのは、いつだったかわからないが、ここでは”猫産業”が徐々に育っている。現在、顶沃仔は、猫テーマの商業街に成長している。一短い通りに、壁画、装飾品、案内標識など、猫の要素が随所に見られます。

南普陀寺:「南方の仏教聖地」

南普院寺は北を向いて南に面して位置し、山にも海にも面していて、広大で荘厳な雰囲気が漂っています。南普陀寺は典型的な福建南部の建築様式で、外から見ると体が朱色で、屋根は曲梁であって、燕尾脊や屋根縁飾りは彫刻が精巧で、釉彩の濃度が高く、非常に美しいです。

曾厝垵:「飲食エリア」

曾厝垵は「全国最も文化的な村落」と賞されており、かつては素朴な漁村でしたが、今では注目される文化クリエイティブ村になっています。現代的な雰囲気と古民家が融合し、多くの個性的な店舗が街に立ち並んでおり、散策しながら食事や買い物、写真撮影などを楽しむことができます。美食はここでのもう一つの魅力であり、曾厝垵の五街十八巷にはさまざまな美味しい屋台や果物があります。

環島路:「海岸線をゆっくり散歩する」

厦門環島路沿海而建,是從廈門大學到會展中心的一段海岸,被稱為“黃金海岸線”。又名五色路:藍色的大海、金色的沙灘、綠色的草地、紅色的跑道、灰色的公路。沿途有眾多景點,胡里山砲台、椰風寨、國際會展中心、五緣灣等。在環島路向大海的一邊,有“鼓浪嶼之波”、“大海冥想曲”、“選擇”等不同風格的雕塑作品,很有觀賞價值。

中山路の歩行者天国:「どこにでも有名な歩行者天国があります」

中山路歩行者天国は、厦門で最も古くからある商業街で、ここでお土産を購入する人が多く、祭りや休日には必ず展示会が開かれています。ここの建物はすべてアーケードで、ピンクと乳白色を主色調にし、南洋の雰囲気が漂っています。流れるような夜景、色とりどりの闽台小吃も中山路歩行者天国の大きな特徴です。